犬や猫にもアレルギーがある!気になる症状があったらアレルギー検査をのメインイメージ

免疫とアレルギーの仕組みは、人もペットも同じ

人のアレルギー性疾患の増加とともに、犬や猫のアレルギー性疾患も増えています。
アレルギーとは、特定の物質に体の免疫システムが過剰に反応すること。つまり、ある特定物質(抗原、アレルゲン)が体内に侵入すると、体内では抗体が作り出され、これが抗原やアレルゲンを排除しようとします。この働きはもともと体にとって良い反応であり「免疫」と言われますが、抗体と抗原やアレルゲンが反応した結果、体に不利な病的状態を引き起こしてしまうことを「アレルギー」と呼びます。この仕組みは人も動物も同じです。

猫や犬のアレルギー性疾患とは?

この体にとって悪い反応を起こす原因物質(以下:アレルゲン)は個体によって異なり、体の中への侵入経路も様々です。猫や犬のアレルギー性疾患について、主な症状とアレルゲンを以下にまとめてみました。

■猫や犬のアレルギー性疾患:主な症状と代表的なアレルゲン

 猫や犬のアレルギー疾患 主な症状 代表的なアレルゲン
アトピー性皮膚炎 皮膚のかゆみと乾燥。結膜炎、膿皮症、外耳炎  ほこり、ダニ(死骸や排泄物)、花粉、フケ、化学薬品
アレルギー性鼻炎 くしゃみ、鼻水、鼻がつまる、蓄膿症  花粉、ハウスダスト、イエダニ
ノミアレルギー性皮膚炎 強いかゆみ、赤い発疹、じんましん、膿皮症、脱毛、色素沈着、貧血 イヌノミ、ネコノミ
食物アレルギー じんましん、紅斑(皮膚が赤くなること)、浮腫(むくみ)、咳・喘息発作、嘔吐、腹痛、下痢、アナフィラキシーショック 牛肉、乳製品、小麦、子羊(ラム)肉、鶏卵、鶏肉、大豆、とうもろこし、甲殻類

一見、アレルギーとは関係ないと思われる症状でも、アレルギーが原因となる可能性も考えられるので注意が必要です。

アレルゲンを特定することが大切

そこで重要になるのは、猫や犬のアレルゲンを見つけてあげること。つまり、アレルギー検査が必要です。検査でアレルゲンを特定すれば、アレルゲンと接触させない生活ができるため、アレルギー性疾患の症状を抑えることができます。
▼ペット用 食物アレルギー検査キット

犬のアレルギー、猫のアレルギー検査はかかりつけの獣医師に相談

猫や犬のアレルギー検査は、動物病院で血液を採取してその血液を検査センターに送るのが一般的です。検査機関にもよりますが、判定までにはおおよそ2週間ほどで費用は2~3万円です。気軽にできる検査費用とはいえませんが、原因(アレルゲン)が分からないままでは治療は困難です。
まずは信頼できるかかりつけの獣医師に相談してみましょう。


game-animals-334334_1280
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む