大型犬と暮らすには、マンションなどの集合住宅と一戸建てのどっちがいい?のメインイメージ

大型犬を飼うときの物件選び

「大型犬を飼いたい!」と思ったときに、よく考えておきたいのはどんな物件で大型犬を飼うのかということです。

近年、ペット可物件の増加にともなって大型犬を飼える物件は増えてきています。しかし、同じ”大型犬を飼える物件”でも、集合住宅一戸建てどちらの物件を選ぶかによって大型犬の飼いやすさは違ってきます。

今回は大型犬と住まいの関係を考えながら、集合住宅と一戸建ての物件ではどちらが大型犬を飼いやすいのかをまとめていきます。

集合住宅で大型犬を飼うということ

一般的に、集合住宅では大型犬の飼育が敬遠されやすい傾向にあります。その理由の一つとして挙げられるのが”大型犬の体の大きさ”です。

大型犬の多くは体高が50~60cm以上あり、目線の高さが人に近いです。犬の体高というのは犬の背中までの高さのことですから、実際の顔の位置はそれより高くなることも。また、体重が20kg以上となる犬種が多く、中には成人の男性と同じくらいの重さになる犬種もあります。

人間とそれほど変わらない大きさの大型犬を見て「ちょっと怖そうな犬だな」と感じる方は少なくないでしょう。また、ここ数年のうちに、大型犬が人を襲ったというニュースが報じられたこともあって、「大型犬は怖い」というイメージを持っている方もいます。

大型犬の飼い主さんであれば、一緒に暮らしている愛犬の性格はよくわかっているでしょうし、普段から十分なしつけをしていると思います。とはいえ、他の住人の方々からも同じように理解を得られるとは限りません。

集合住宅ではさまざまな人が空間を共有して生活していますから、住人の方々の大型犬に対するイメージも人それぞれです。中には上で述べたような理由で「大型犬はちょっとニガテかな」と思っている方がいるかもしれません。そういう不安を持っている方と廊下やエレベーターで出会ったとき、小型犬であれば飼い主が抱きかかえてやり過ごすことができますが、大型犬の場合うまく対応をするのはなかなか難しいのではないでしょうか。

集合住宅では他の住人への気遣いが大切です

もちろん、管理規約で大型犬の飼育がOKなら集合住宅でも大型犬を飼うことはできますが、そのためには、飼い主さんが大型犬に対してきちんとしつけをしていることが前提となります。また、普段のお部屋での生活マナー・建物の共用スペースでのマナーを守るようにすることも大切です。

集合住宅で大型犬を飼うためには、飼い主さんが集合住宅の性質をよく理解し、他の住人の方々との関係についてしっかりと考えていく必要があるということを覚えておきましょう

大型犬を飼うなら一戸建ての物件がおすすめ

そこで、ペットホームウェブでは大型犬を飼っている飼い主さん・これから大型犬を飼いたいと考えている方に、マンションやアパートだけではなく一戸建ての物件も探してみることをおすすめしています。

一戸建ての物件であっても大型犬を飼う以上は近所の方々に気を配る必要があります。しかし、集合住宅と比べて一戸建ての物件は大型犬を飼いやすい環境であることが多いのです。

まず、一戸建ての物件では、生活スペースで大型犬と他の住人が突然出会ってしまうということがありません。大型犬が飼い主さん以外の人と会うのは、散歩に出かけるときや動物病院に行くときくらいですから、他の住人の方々への気遣いという点で飼い主さんの負担がとても軽くなります。

また、一世帯一物件で、隣や下のお部屋に他の住人がいないというのも一戸建ての物件の良いところです。他の犬種より足音や吠える声が大きい大型犬でも、遮音性・防音性に優れている一戸建ての物件であれば、あまり騒音の心配をせずに飼うことができます。

他にも、一戸建ての物件には庭がついていることがあったり、家からの出入りの際に階段やエレベーターでの昇り降りをしなくて済むなど、大型犬を飼うのに適した条件がそろっています。

大型犬を飼っている飼い主さん・これから大型犬を飼いたいと考えている方は、お部屋探しの選択肢として一戸建ての物件を考えてみてはいかがでしょうか。

大型犬と暮らせる一戸建ての物件


GP191_72A
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 田中
ペットホームウェブ編集部 田中 さん

ペットホームウェブ編集部の猫好きライター。愛猫「ミルク(♀/12歳)」を実家に残し都内で生活中。猫との暮らしを夢見つつ、不足しがちな猫成分を近所の野良猫との交流で補う日々を送っています。

さんの記事をもっと読む