猫とのスキンシップになる日頃のケア~猫の歯磨き・ブラッシング・爪切り・耳掃除のコツ~のメインイメージ

病気の早期発見につながる日頃のケア。まずは触られることに慣れさせよう

猫のお手入れ・ケアの目的は、単に体を清潔にすることだけではありません。健康なときの目や耳、鼻、被毛などの状態を把握しておけば、健康チェック病気の早期発見に繋がります。

しかしほとんどの猫は、頭や首回り以外の場所は「触られたくない」というコがほとんどです。おそらく、飼い主さんが歯磨きやブラッシングを始めようと思っても、なかなかうまくいかないはず。まずは、普段から猫の体によく触れて、「触わられることに慣れさせる」ことが先決です。

日頃のケアは猫とのスキンシップに最適です。猫とのきずなをより深めるためにも日頃のケアを心がけましょう。ただ、猫が暴れる場合は、無理に自分でやろうとせず、動物病院に相談してください。

正しいケアの方法で猫とスキンシップを楽しもう

【歯磨き】
猫用歯ブラシを使うほか、指に巻いたガーゼなどで歯の表面を拭く方法があります。食べているフードや猫の唾液の質などによって歯石の付き方が異なるため、歯磨きの頻度は猫により変わります。歯石が付いてしまった場合は、動物病院で全身麻酔をかけて除去することになることになってします。猫にとって負担が大きいので、日頃からの歯磨きで歯石が付かないようにしましょう。

【肛門腺絞り】
猫の肛門にはよく見てみると小さな穴が両脇にあり、肛門腺という袋につながっています。袋には猫が縄張りを誇示するため、便とともに排出して自分の臭いをつけるための液体が蓄えられています。

肛門腺の液体は、通常、便とともに排出されますが、中には排出されず肛門腺に液体が溜まり、肛門腺自体が破裂してしまう場合も…。うまく排出できない場合は、定期的に中の液体を絞り出してあげることが必要です。猫がお尻を床にすりつけて歩いていたら、肛門腺が溜まっているかもしれません。おかしいと思ったら、動物病院に連れて行ってください。

【爪切り】
「猫は爪とぎをするから爪は切らなくてもいい」というのは間違い。最近の室内飼いの猫は、爪とぎだけでは爪が減りきらず、家具などにひっかけて爪を折ってしまったり、欠けてしまったりというトラブルが絶えません。

猫の爪には血管が通っています。これを切ってしまうと出血して痛むので、血管から最低でも2ミリ先を切ってあげてください。爪切り嫌いにならないよう、定期的にスキンシップを兼ねて爪切りをしましょう。慣れない内やどうしても猫が暴れてしまう場合は、無理に行わずに動物病院で切ってもらいましょう。

【耳掃除】
猫によって耳掃除の頻度は違います。耳をめくってみて、表面に赤茶色や粘着質な汚れ、その他に気になる汚れが見られなければ、月に1回程度、軽くやわらかい布やティッシュで拭いてあげてください。

耳の奥のほうに汚れがあり取りにくい場合は、無理にやらずに動物病院で処置してもらいましょう。耳が状態がいつもと違う場合は、掃除を中断し、獣医師の適切な指導を受けてください。

【ブラッシング】
猫はつねにグルーミングをしてその毛を飲み込んでいます。飲み込んだ毛は、吐いて出したり、便といっしょに排出されます。しかし、毛がお腹に溜まり大きな毛玉(ヘアボール)になると、食欲低下や吐き気、便秘などを起こします。ひどい場合は手術で取り除くことになってしまうので注意が必要です(毛玉症といいます)。ブラッシングでできるだけ猫の毛を取り除いてあげることが大切です。
毛玉症はペルシャなどの長毛種や胃腸の働きが衰えた高齢の猫によく見られます。

また、毛並をキレイに保つ意味でもブラッシングは大切です。特に長毛種は毛がからまりやすく、放っておくと塊になってしまいます。毛の塊には汚れがたまりやすく、ノミが寄生し卵を産み付けたり、皮膚の炎症につながる可能性があります。長毛種のブラッシングはこまめに行ってください。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

83c960a23d7f443441f021a115b71797_m
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む