歯石取りできない腎臓病の老猫。犬猫デンタルケア用品のリペアン、リデンタを使ってみた!のメインイメージ

猫のデンタルケア、みなさんやっていますか?犬の飼い主さんにはすっかり常識ですが、猫の飼い主さんには今一つ広まっていないかもしれません。当サイトスタッフも嫌がる猫に負けて歯磨きをあきらめ、動物病院でのスケーリングに頼っていました。しかし、腎臓病(+高齢)でそれができなくなってしまい…。

今回は高齢+腎臓病の猫に使ってみたデンタルケア用品についてレポートします。

歯石取り(スケーリング)できない高齢猫、腎臓病の猫

猫の健康維持に大切なデンタルケア。怠ると歯周病になり、よだれ、口臭、鼻炎に悩まされ、歯ぐきの炎症や痛みから食欲が低下します。やがて歯肉とその周辺は膿み、膿みは鼻の横の皮膚が破れて出てきます。顎の骨ももろくなり、折れてしまいます。

こうなると猫は食べるのが苦痛となり、最後は食べられないことで亡くなります。そんな最期は、猫にとっても飼い主にとってもつらすぎます。

歯周病を防ぐためには、歯磨きなどで歯石や歯垢を除去するのが基本です。しかしこの歯磨き、ほとんどの猫が苦手。ものすごい抵抗に遭い、あきらめたという飼い主さんも多いことでしょう。じつは当スタッフもその一人です。

その結果、猫にはこれまで2回ほどスケーリンングをさせました。しかしこのスケーリング、高齢猫や腎臓病の猫にはできません。なぜなら、猫のスケーリングには全身麻酔が必要だから。高齢、腎臓病、心臓病などリスクの高い猫への全身麻酔は、麻酔が覚めずに亡くなる可能性があるのです。

犬猫のデンタルケア用品、リペアンとリデンタを使ってみた

スタッフの猫の腎臓病が悪化したのは17歳。ちょうどスケーリングをする予定でした。それから約2年。口臭は大丈夫ですが、ご覧のとおり歯石はかなり大きくなっています。

猫 歯石取り デンタルケア

腎臓病が悪化してからは投薬やサプリメントの投与に集中してしまい、歯磨きは二の次になっていました。その間に歯石はどんどん大きくなり、歯の根元は歯肉炎で赤くなっていました。そこで、こんなデンタルケア用品を使ってみました。

リペアンは粉と液体を混ぜて歯石につけ、3~5分ほど放置してから爪やスケーラーに引っかけて取る、というデンタルクリーナー。以前使っていた歯ブラシ(写真左)で猫の歯石にリペアンを付けて…。左の歯ブラシは人間用のものですが、小さな猫の口にGoodです(これを見つけるまで右のペット用のものを使用していました)。

猫 歯石取り デンタルケア

リペアンを歯ブラシにつけてしばらく放置後、爪で引っかけてみました。が、取れません。「やっぱり無理か」と思いつつ、反対側の歯石を引っかけてみると…根本の歯石だけ取れました!こちら側は歯石が取れる前の写真を撮っていなかったのですが、反対側と同じように歯石がついていました。ちなみに、取れた歯石のかけらは猫が飲んでしまいました…。

猫 歯石取り デンタルケア

もう一つ試してみたのが飲み水に入れるだけでよい液体歯磨きリデンタ ウォータープラス。これがとても効果がありました!1本使い終わったところで猫の歯ぐきを見てみると、歯の根元の赤み(歯肉炎)が引いていました。じつは上の猫の歯石の写真2枚は現在の状態。リデンタを始める前の写真を撮り忘れてしまったのですが、もっと濃い赤だったんです。

腎臓病の猫はちょくちょく水を飲むのでピッタリでした。飲み水に入れるだけなので、歯磨きができない猫にもおすすめです。

リデンタにはスプレータイプもあるとのこと。これで歯石が取れたという飼い主がたくさんいらっしゃったので、先日スタッフも取り寄せてみました。こちらの結果も後日レポートします!

猫 歯石取り デンタルケア

試しに買ってみた噛み噛みグッズにはまったく興味を示しませんでした…残念。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

猫 歯石取り デンタルケア
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

友人宅で生まれたキジトラの♀猫を生後2か月で養子に迎えてから早17年。猫の飼育では、避妊手術の時期の遅れから乳腺腫瘍を発症させてしまったことを海より深く反省。犬の飼育では、実家の3代目の犬が子犬だった頃に「ワッ!」と驚かせて嫌われてしまったのを後悔している。趣味は映画鑑賞ときどきライブ。

さんの記事をもっと読む