犬の冬支度!シングルコートの犬やシニア犬には、犬の服で寒さ対策をのメインイメージ

そろそろ冬支度!ペットに冬用のベッドやグッズを揃えてあげたくなりますね。

よく、犬の服を着たチワワヨークシャー・テリアなどを見かけますよね?世間には、「犬に服を着せるなんて飼い主のエゴだ」という方もいらっしゃいます。ですが、ちょっと待ってください。これらの犬種は被毛が”シングルコート”になっているため、寒さに弱いのです。

犬の服が必要な”シングルコート”の犬種とは?

シングルコートの犬は、被毛の構造が上毛(オーバーコート)のみで保温性に優れた下毛(アンダーコート)がありません。比較的温暖な地域で生まれた犬種が当てはまり、寒さに弱いのが特徴です。これらの犬種は寒い日のお散歩などで犬の服を着せてあげたほうがよいでしょう。

シングルコートの犬種
チワワ(スムース)、ミニチュア・ダックス・フンド(スムース)、ヨークシャー・テリア、プードル、パグフレンチ・ブルドッグミニチュア・ピンシャーボクサーマルチーズパピヨン、グレー・ハウンドなど

犬の服 

マルチーズの雪ちゃん(ペットフォトより)。シングルコートのワンコなら、お洋服でおしゃれが楽しめますね。

寒さに強い”ダブルコート”とは?

ダブルコートとは、犬の被毛が下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)の二重になっていて、保温性に優れた被毛をいいます。寒冷地で生まれた犬種はダブルコートで、寒さに強いのが特徴です。保温性に優れた下毛は、春と秋に生え変わります。これを換毛期といいます。

ダブルコートの犬種
柴犬、コーギー、ゴールデン・レトリーバーラブラドール・レトリーバーシベリアン・ハスキーポメラニアン、チワワ(ロング)、ミニチュア・ダックス・フンド(ロング)、ミニチュア・シュナウザー秋田犬など

犬の服 

柴犬の桃ちゃん(ペットフォトより)。ダブルコートだから日本の冬なら大丈夫。

シニア犬の冷え対策にも犬の服を

犬もシニア期になると、筋肉量や代謝が落ちるので体温が低めになりがちです。体が冷えると抵抗力や生理機能が低下するだけなく、痛みを感じやすくなります。また、下痢を起こすこともあります。
冷えから大きな病気に発展しないように、シニア犬には犬の服を活用しましょう。

 犬の服は、他にもこんなメリットがあります

犬の体につくノミやダニ。これらは草むらなどにいる成虫や蛹、卵が犬の被毛に付くといわれています。よって、犬の服を着ていればノミ・ダニのリスクが軽減されます。また犬の服は、ペット可マンションなどの共有部分に抜け毛が落ちるのを防いでくれます。

今シーズンも、あったかくておしゃれな犬の服が続々発売されています。あなたの犬にぴったりな一着を探してみませんか?


犬の服
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

都内でキジトラの美猫と暮らすお一人様ライター。埼玉の実家には父親の愛犬がいるが、子犬の頃に「ワッ!」といって脅かしたため、帰るたびに不信の眼差しを向けられるのを気に病んでいる。

さんの記事をもっと読む