犬の肥満度のチェック方法は?3大原因を追究して犬の肥満を克服しようのメインイメージ

広告

ストロングホールド

肥満は万病のもと!人も犬も同じです

犬の肥満は、人間で言う生活習慣病の原因となるほか、膝や股関節などの病気とも密接に関係するなど犬の健康に大きく影響してきます。現在、飼い犬のおおよそ約4分の1は肥満といわれており、その数も増加傾向にあるようです。

では、犬の肥満とはどのくらいの状態なのでしょうか?犬の肥満度をチェックしてみましょう。

犬の肥満度をチェックしよう

まず、犬の身体を見たり触れたりして犬の肥満度をチェックします。犬の体つきは犬種によってさまざまなので判断が難しいところですが、以下5つのポイントをチェックしてみましょう。

  1. 犬を上から見たときに、肋骨から腰にかけての“くびれ”が分かるかどうか。また、触れたときに肋骨や“くびれ”を感じることができるか。
  2. 横から見たときに胸、おなか、脚の付け根のライン(腹部のライン)が地面に対して弧を描くようになって反っているか。また、触ったときにたるんでいないか、引き締まっているか。
  3. 首から肩にかけてシワが寄ったりしていないか。また、簡単に脂肪が摘めるかどうか。
  4. のどの肉がたるみ、多くの肉を簡単に摘めるかどうか。
  5. 尻尾の付け根に余分な脂肪がついていないか。

腰の“くびれ”がなく触っても肋骨が分からない犬は、肥満であると考えられます。背骨すら分からない犬の場合、完全に「肥満犬である」といえるでしょう。また、横から見たときに腹部のラインが、地面と水平以下で逆に弧を描いているような場合も要注意です。のど・首・尻尾の付け根に脂肪や肉でシワが寄っていたり、脂肪や肉が簡単に摘める場合も同様です。

最近では動物病院で犬専用の機器で体脂肪率の測定をしてくれるようになりました。体脂肪率を測定することで同じ大きさでも筋肉体質なのか脂肪体質なのかが分かり、より正確な診断と指導をしてもらえます。犬の肥満が気になる人は、動物病院で犬の体脂肪率測定と肥満度診断を受けると良いでしょう。

去勢・不妊手術の有無、犬種による体脂肪率の違い

健康なオス犬とメス犬を比較した場合、メス犬の方が体脂肪率が高いのが通常です。また、去勢・不妊手術をした犬のほうが去勢・不妊手術をしていない犬より、ホルモンバランスの変化から太りやすいことが分かっています。

以上から肥満を判断する際には、未去勢オス去勢オス未不妊メス不妊メスに分類して肥満度をチェックする必要があります。(薬剤を投与している場合は獣医師に相談してください。薬剤による影響があることもあります。)

また、成長期にある幼齢犬と成犬では判断の基準は異なり、犬種によっても適正体脂肪率が高い犬種(ポメラニアンシェットランド・シープドッグ、キャバリア・キングチャールズ・スパニエルのメスなど)と低い犬種(ブルドッグフレンチ・ブルドッグ、ジャックラッセル・テリアなど)に分かれるので犬の肥満度チェックには注意が必要です。

犬 肥満 ダイエット

ガッチリしていて体脂肪率が低いブルドッグ

犬の肥満、3つの大きな原因は…?

一口に犬の肥満といっても、その原因はいろいろ考えられます。まずは、犬に精神的ストレスあるかどうかを考えてみましょう。

精神的ストレスによる肥満は、飼い主との関係や生活リズムなどが不適切であることが原因と考えられます。飼い主さんが忙しくて犬にかまってあげられない、散歩に連れていってあげられないという場合はもちろん、心配事があってずっとイライラしていたり、沈んでいたりすると、犬は不安とストレスを感じてしまいます。飼い主さんのお仕事が変わり、生活リズムが変化した場合も同様です。

これらのストレスから犬はその生理機能調節をうまく働かせられなくなり、肥満になるケースがあるのです(太って見えるのが“むくみ”の場合があるので、注意をしてあげてください)。

以上に加え、食餌の栄養バランスの偏りも肥満原因の一つと言われています。犬に必要な3大栄養素は、たんぱく質、脂肪、炭水化物と人間と同じですが、その比率は異なります(人間は草食性の強い雑食、犬は肉食性の強い雑食です)。特に手作りフードを犬に与えている飼い主さんは、犬の栄養を勉強してから、獣医師や専門家のレシピを参考にすることをお勧めします。

そして、犬の肥満でもっとも多いといわれている原因が、カロリーの摂りすぎと運動不足です。

飼い主さんは犬の1日あたりの摂取カロリーをきちんと把握し、与えるフードやおやつのカロリー、散歩などの運動による消費カロリーを計算した、適切なカロリーと栄養素を併せ持つドッグフードを与えなければいけません。すでに肥満となっている犬の場合はフードのカロリー制限が必要となります。

肥満犬をダイエットをさせるには急激な体重減はNG。体に負担のかからない範囲で徐々に減量させていくことが基本です。フードの量を減らすかカロリーの少ないダイエットフードに変更し、一日の摂取カロリーを10%〜20%程度おさえます。

とはいえ、犬のダイエットはなかなか困難です。犬がこれまで通りの量をもっと欲しがって鳴き続けたり、ダイエットフードを食べてくれなかったり、犬を運動させようと散歩に連れていっても散歩をしてくれなかったり(肥満犬は体が重たくて散歩をしたがらなくなるものです)というが事態が待ち受けています。肥満犬のダイエットを成功させるには飼い主さんの覚悟と努力が必要となります。

こういった具体的な問題を解決する肥満犬のダイエット方法については、次回に述べたいと思いますのでご覧いただければ幸いです。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

犬 肥満 原因
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む