音を使った犬のしつけ〜クリッカーを使ってみる~のメインイメージ

犬が聞き取りやすいのは高い声?低い声?

犬の聴覚はとても鋭く、人間の4倍から10倍もの感度を持っているといわれています。しかも、犬の耳は人間の耳よりも高い音を聴くことができます。その代表例が犬笛です。私たち人間には犬笛の音はスースーと聞こえるだけですが、犬は犬笛の高い音域の高周波を音として捉え、きちんと聞き分けることができるのです。

この話とは異なるかもしれませんが、私たちが人の声を聞くとき、低い音と高い音とでは、どちらが聞き取りやすいのでしょうか?

例えば、外国語のリスニングをするときのことを思い出してみてください。低い声の男性が話しているときと高い声の女性が話しているとき、どちらが聞き取りやすいと感じますか?多くの場合、男性の低い声よりも、女性の高い声のほうが聞き取りやすいのではないでしょうか。これは私たち人間だけでなく、犬にも同じことがいえるようです。特に男性は、犬に言葉で指示を出す場合、聞き取りやすい明確な発音を心がけましょう。また、犬が識別しにくいことがあるので、言葉の発音が似ていてまぎらわしい単語は、指示語として使わないのもポイントです。

犬は、低い声は威嚇に使い、高い声は甘えるときに使う

犬の場合、低い声は威嚇などで使われ、高い声は甘えるときに使っています。一般的に、動物の声は体が大きければ大きいほど低くなるため、敵に威嚇する場合は伸び上がって体を大きく見せます。低い声を発して、相手に「自分は体が大きくて強い」と思わせようとしています。甘えるときは体の小さい幼犬が母犬にするのと同じように、高い声でクンクンと鳴きます。

また、声の調子は感情によって左右されます。人間は同じ言葉でも、自然に高く発音したり、低く発音しています。同じ言葉でも感情が加わると、相手に伝わる意味が変わることがありますね。例えば、親が子供を怒ろうとして名前を呼ぶときと、褒めようとして名前を呼ぶときでは、声の抑揚は違うはずです。怒るために呼ぶときは、大きな声で強い口調であるのに対し、褒めるために呼ぶときは、穏やかで優しい口調で呼ぶはずです。子供はこれからどのようなことが起きるかを親の声の調子だけで察することができるのです。

犬にはどうでしょうか?多くの飼い主さんは「怒るときは厳しく強く」「褒めるときは穏やかに優しく」名前を呼んでいるかと思います。もちろん、犬も人間の子供と同様に、飼い主の声の調子を聞き分けています。例えば、飼い主が大きな強い声で呼んでも犬が来ないことがあります。

なかでも、「しつけとは、犬を怒ること叱ることが基本だ」と思っている飼い主さんに多い失敗が、叱るたびに愛犬の名前を何回も繰り返し叫んでしまうことです。これを頻繁に繰り返していると、犬は、「自分の名前を呼ばれたときは怒られるときだ」と勘違いし、呼ばれても側に来なくなるばかりか、その場から逃げ出すようになることも…。

あなたが犬に「名前を呼んだらすぐに側に来るようにしつけたい」のであれば、褒めるときに何度も犬の名前を呼んでやるようにし、叱るときには犬の頻繁に名前を呼ばないようにしましょう。犬の名前を、怒るときや叱るときの合図にならないようにすることが大切です。

しつけ用グッズの「クリッカー」を使ってみる!

さて、飼い主の声以外にも音で犬に指示を出す方法があります。先に紹介した犬笛もそうですが、最近では指でボタンを押すと「カチッ・カチッ」と音が出るクリッカー(写真)がよく使われています。

クリッカーは犬を褒めるときに鳴らすことで、人によって違う言葉の発音や声の高低の違いによる差がなくなり、褒められる時の合図として犬が認識しやすくなります。クリッカーなどのしつけグッズを利用することは、感情による声の差異を発生させずに、犬に対して正確な意図を伝えることができる良い方法といえるでしょう。


GP038_72A
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む