JUST WON(ジャストワン):三郷市のガレージ・ドッグカフェ 「無添加にこだわったメニューと商品で、犬と飼い主さんにコミュニティーの場をつくりたい」のメインイメージ

埼玉県三郷市にオープンしたドッグカフェ『JUST WON(ジャストワン)』に取材に行ってきました!店内にはワンちゃんと一緒にくつろげるカフェスペース、ミニドッグランがあり、オーガニックにこだわったケア&フードの販売や、手作りのおやつメニューを提供しています。飼い主さんにはカフェとランチの他、夜はビールバーとして営業しています。

※ドッグカフェジャストワンは2017年6月4日にて閉店しました。新たな事務所ではジャストワンクラブを展開することのこと。詳しくは、バロンのしっぽ(事務所)ウェブサイトをご覧ください。ジャストワンFacebookはこちら

8月31日、東京都葛飾区と埼玉県三郷市の県境、都立水元公園の近くに、ガレージドッグカフェ『JUST WON(ジャストワン)』がオープンしました。こちらは、無添加にこだわったオリジナルのケア&フード商品等を展開しているペットショップ『バロンのしっぽ』(東京都世田谷区奥沢)姉妹店となります。

新たな展開としてのガレージドッグカフェ『JUST WON』、そのサービス内容やコンセプトなどについて、JUST WON代表の上山智徳さんにお話を伺いました。

ドッグカフェをオープンするきっかけを教えてください。

これまでワンちゃん仲間や散歩コースで良くお会いするオーナーさんとの会話を通じて、多くの飼い主さんとワンちゃんとの楽しい出来事や犬の病気などについての情報交換をしてきました。いつも楽しいお話をたくさん聞きますが、時には悲しいお知らせを聞くこともあります。あるとき、そんなお知らせを聞いて「飼い主さんがワンちゃんと気軽に入れるカフェがあれば、いろいろな話や思いを共有できるのでは」と思ったのですね。それがきっかけとなって、私たちお店のスタッフとお客様、お客様同士、ワンちゃん同士が集える空間、コミュニティーの場をつくりたいと思うようになり、今夏、ドッグカフェをオープンすることになりました。

また、私自身、以前は東京環境工科専門学校という、自然環境と野生動物保護に関わる知識・技術を身につける専門学校で約10年間務めていました。そこでは日々、学生へ野生生物調査などの野外活動技術や自然環境保全について教えていたのですが、一方で、もっと身近である犬や猫の命が粗末にされていることに疑問を感じていました。例えば、ペット遺棄や殺処分などです。次第に、こういった状況を解決したいという思いが強くなり、ペット業界に携って啓蒙していこうと決めました。さらに以前、調理師として働いていたこともあり、ドッグカフェはその集大成として表現したいという思いもあります。

埼玉のドッグカフェ ジャストワン。ガレージをリノベーションした店舗。青い壁が目印です。

ガレージをリノベーションした店舗。青い壁が目印です。

『JUST WON』は、どのようなお店なのですか?

ドッグカフェなら多目的に利用できる倉庫という空間でやるのがおもしろいんじゃないかと思い、このようなガレージをリノベーションしたガレージドッグカフェというスタイルで営業しています。広々としたスペースですので、小型犬から大型犬まで利用できます。

店内にはワンちゃんと一緒にくつろげるカフェコーナーのほか、物販コーナー、ミニドッグランがあります。飼い主さんなどにカフェとランチのご提供のほか、夜はビールバーとして営業しています。ワンちゃんにはお水のサービスと手作りのおやつメニューを用意しています。物販ではバロンシリーズのケア&フード商品のほか、国産・無添加にこだわった他社メーカーや、オーガニックの外国メーカーの商品も取り揃え、猫のフードも少しご用意しています。ワンちゃんの食べ物、直接つけるケア用品だからこそ、自信を持ってお届けできる商品をセレクトしました。

店内。カフェスペースと柵を隔ててミニドッグランがあります(右側)。

店内。カフェスペースと柵を隔ててミニドッグランがあります(右側)。

無添加のフードやおやつが揃っている物販コーナー。

無添加のフードやおやつが揃っている物販コーナー。

アレルギーがひどかったバロンのために生まれた「バロンシリーズ」シャンプー(右)。左は肉球クリーム。

アレルギーがひどかったバロンのために生まれた「バロンシリーズ」シャンプー(右)。左は肉球クリーム。

10歳の看板犬バロン。バロンシリーズのおかげで皮膚トラブルは完治しました。

10歳の看板犬バロン。バロンシリーズのおかげで皮膚トラブルは完治しました。

ワンちゃんのメニューはどのようなものですか?

国産の食材で手作りのものを6種ほど用意しています。もちろん、無添加です。塩分などは一切加えず、チーズや魚、肉、少量のオリーブ油・ゴマ油などの素材の味のみで調理しています。

国産にこだわるのは日本の第一産業を応援していきたいという思いからですね。日本で生産されたものは日本で消費していくのがいいと思います。なるべく旬のものを使いたいので、2カ月ごとにメニューを変える予定です。

ワンちゃん用のメニュー、秋鮭の春巻き(右)と国産鶏肉と春雨のきんぴら(左)。

ワンちゃん用のメニュー、秋鮭の春巻き(右)と国産鶏肉と春雨のきんぴら(左)。

カフェとしてのこだわりは何でしょうか?

やはり、コーヒーですね。うちでは葛飾区金町のBICYCLE COFFEE(バイシクル・コーヒー)を使っています。BICYCLE COFFEEとは、環境に負荷をかけない自転車で配達するというコンセプトのアメリカ・サンフランシスコのコーヒー会社で、豆はフェアトレードで最高品質のオーガニック・コーヒーです。そのスタイルを日本に取り入れたのが教え子の旦那様だったので、「ぜひ、うちにも」と思い、自転車で配達してもらっています。朝、焙煎した豆を自転車で持ってきてくれるので味には自信があります。このコーヒー目当てのお客様もいらっしゃって、毎日のように寄っていただいています。

ビールにもこだわり、本場ドイツのレーベンブロイの生ビールのほか、Duvelビール(ベルギー)や常陸野ネストビール(茨城県那珂市)など、国内外のクラフトビールもご用意しています。

バイシクル・コーヒー540円(ランチ時は378円)。豆も販売しています。

バイシクル・コーヒー540円(ランチ時は378円)。豆も販売しています。

地ビール好きにはおなじみの「常陸野ネストビール」(茨城県)のペールエール。

地ビール好きにはおなじみの「常陸野ネストビール」(茨城県)のペールエール。

ドッグカフェに利用する際の注意点などはありますか?

お店によっては小型犬だけのお店もあるので事前に調べてからいったほうがベターですね。

愛犬同伴の場合のマナーとしては、ワクチン接種を受けていることはもちろん、感染症にかかっている場合や健康状態が悪い場合はご遠慮いただきたいと思います。また、発情期の女のコもお店に他のワンちゃんがいる場合はご遠慮ください。あと、事前にオシッコやウンチを済ませてからご来店いただければと思います。

うちの場合は、犬を飼っている方でもいない方でも、気軽に立ち寄れるカフェにしたい思っています。このあたりはチワワマルチーズなどの小型犬に加えて、ゴールデン・レトリーバーボーダー・コリーシェットランド・シープドッグといった、中型~大型犬が多いのが特徴です。これから犬を飼いたいなと思っている人や、ペット禁止の物件にお住まいの方、事情があって飼えない方なども、ぜひ一度、お越しください。またお客様の犬以外にも、店にはバロンのほか、バセット・ハウンドのラスティー(1歳半オス)、ジャック・ラッセル・テリアのマリン(5歳メス)が交代で出勤していますので(笑)。

マルチーズ8匹を連れてきたお客様のお子さんたちと。

マルチーズ8頭を連れてきたお客様のお子さんたちと。

今後の展開について教えてください。

ワンちゃんへの手作りの料理や手作り石鹸などのイベントを考えています。

なかなかフードを食べてくれないというワンちゃんには、食べさせるきっかけになるような工夫を提案できます。例えば、鰹やマグロのふりかけといった香り立つようなものをトッピングしたりとか、栄養バランスや彩りとして野菜を細かく刻んだりとか。または家にある危険性のない食材を簡単に調理しただけでできるメニューなどですね。

また、ゆくゆくは、以前の経歴を活かしてワンちゃんとの自然観察ウォークなどを、近隣の公園で開催したいと考えています。ここから一つの輪をつくって、何らかの流れをつくっていければうれしいですね。

10月中にはテラス席をつくる予定です。お近くに来た際は、ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。

取材を終えて

毎日の暮らしの中では、ペットに関するちょっとした悩みや疑問をついついそのままにしがち。そんな時、地域の犬好き達が気軽に情報交換ができるJUST WONさんのような場所があったらすぐに解決できそうです。また、環境の専門家が始めたドッグカフェとあって、無添加、国産、オーガニックにこだわった商品やメニューのラインナップはさすがの一言。悩めるワンコや愛犬の健康に気遣う飼い主さんの心強い味方になってくれるでしょう。

ペットと出かけられる全国の「おでかけスポット」(動物病院・ペット可カフェ飲食店・トリミングサロン・ドッグラン、猫カフェ・ペットショップ・公園・ペットホテル・ペットと泊まれる宿・ペットシッターなど)の検索はこちらからどうぞ!
あなたの街の猫カフェやドッグランを見つけよう!(おでかけ検索)

 

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

JUST_ONE_11
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

友人宅で生まれたキジトラの♀猫を生後2か月で養子に迎えてから早17年。猫の飼育では、避妊手術の時期の遅れから乳腺腫瘍を発症させてしまったことを海より深く反省。犬の飼育では、実家の3代目の犬が子犬だった頃に「ワッ!」と驚かせて嫌われてしまったのを後悔している。趣味は映画鑑賞ときどきライブ。

さんの記事をもっと読む