やわらか天然毛で犬猫が嫌がりにくい歯ブラシ。大阪発「ミガケンデ」で歯周病、歯石を防ぐ!のメインイメージ

犬も猫も健康のためには歯磨きが大切!とはいえ、苦手なコが多いのも事実です…。今回はそんな歯磨き嫌いのコによさそうな歯ブラシをご紹介します。

犬猫の命を脅かす歯周病とは?

犬猫の歯磨きに悪戦苦闘している飼い主さんなら、歯周病のおそろしさはご存知ですよね。

歯周病のきっかけは歯垢が歯石となり歯の根元に付着すること。この歯垢や歯石の細菌が歯肉に炎症を起こし歯肉炎になります。歯肉炎の赤み、腫れと少々の痛みが進行すると、周辺組織が破壊され、よだれやニオイを放ち歯がグラグラする歯周炎に進行。歯周病とは歯肉炎と歯周炎の総称です。

歯周病が進むと「食べること」が苦痛になります。だんだん食べられない状態になり最終的には顎の骨が溶けて折れたり、頬や上顎に穴が空くことも…。また歯周病の細菌は、心臓、腎臓、肝臓の病気の引き金になるといわれています。歯周病は犬猫の命を脅かす病気なのです。

飼い主さんは、愛犬・愛猫のお口の状態をチェックしてあげましょう。歯石がついているかどうか、歯茎が赤くなっていないか、腫れやただれはないか、歯茎に以前にはなかった黒っぽいシミのようなものはないか。唾液や口が臭う場合は歯周病の可能性が高いため、動物病院で診療してもらいましょう。

歯周病予防には歯磨き。犬猫が苦手な理由は?

歯周病の予防は原因となる歯石を付けないこと。犬猫の歯垢は3日くらい経つと歯石になるので、最低でも3日に一度、歯垢の除去=歯磨きが必要です。とくに全身麻酔で行う歯石の除去(スケーリング)ができない老犬・老猫には、歯磨きの重要度は増します。

ところが、多くの犬猫は歯磨きが苦手。いつもはやさしい飼い主さんが急に怖い(真面目な?)顔になって抑え込むからでしょうか?デリケートな口に変なもの(歯ブラシ)を突っ込まれるからでしょうか?理由はいろいろありそうですが、歯ブラシに原因…という場合もあります。

犬の歯ブラシ 猫の歯ブラシ

天然毛の歯ブラシなら犬猫のお口にやさしい

一般的なナイロンの毛を使った歯ブラシは、毎日使う人間には問題ありません。が、普段は歯磨きしていない犬や猫にとっては、チクチクするから嫌がっている可能性があります。歯肉が炎症を起こしている犬猫には言うまでもありません。

こんなとき、やわらかい天然毛の歯ブラシ「MIGAKENDE(ミガケンデ)」なら、これまで嫌がっていた犬猫でも、歯磨きできるようになるかも?

開発したのは大阪の多葉ブラシ工業所という歯ブラシ専門社。じつは社長の奥様の実家で飼っているトイ・プードルの口臭から動物病院に連れて行ったら、全身麻酔で歯を数本抜かれるほど歯周病が悪化していたのだとか。これに衝撃を受け、犬の歯磨きの重要性を初めて知った社長は、小型犬の歯ブラシを開発することに。

そして2019年10月、獣医師との共同開発により、日本初の天然毛の犬の歯ブラシ「ミガケンデ」が発売されました。

犬猫 歯ブラシ

ミガケンデ」に使用されている天然毛はヤギとウマ。「柔らかいヤギ植毛」、「柔ヤギ&確ウマ植毛」、「確かな心地ウマ植毛」の3タイプです。ナイロンよりも柔らかいヤギと馬の毛の歯ブラシは、歯茎への刺激が少ないのが特徴。ヘッドは16㎜。超小型犬~小型犬の歯ブラシですが猫の歯ブラシとして使用してもよさそうです。

ミガケンデ」の植毛数は通常の5〜10倍あります。これは創業70余年という多葉ブラシ工業所の職人たちの技術の結集で実現した匠の技。この天然毛の密度により、汚れを効率的にキレイにします。

販売は以下Amazonにて。

ミガケンデサイト:http://migakende.com/
種類:ヤギ毛、ヤギ毛と馬毛、馬毛の3種類
定価:1,280円(税抜)
素材:ブラシ=天然毛(ヤギ、馬)、柄=ポリプロピレン
サイズ:本体=縦150mm×横14mm、ヘッド部分=16mm
生産国:日本

初心者は歯磨き動画をチェック

ミガケンデ」サイトには、犬猫の歯磨き動画が用意されています。みなさんご参考に。犬の歯ブラシ 猫の歯ブラシ

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

犬の歯ブラシ 猫の歯ブラシ
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む