犬が安心して過ごせるお部屋とは?ポイントは家中を行き来させない、眠る・トイレ・遊ぶ場所を分けることのメインイメージ

仕事や買い物、ちょっとした用事と、毎日何かとおでかけが多い飼い主さんに比べて、犬たちのおでかけはお散歩だけ。結局、家族のなかで一番家にいる時間が長いのは犬たちです。今回はそんな犬のために、安心して過ごせるお部屋について考えてみました。

犬に家の中を自由に行き来させない

「家の中くらい犬には自由に行き来させたい」と思う人がいるかもしれませんが、じつはこれ、犬にとってはあまりよくありません。

番犬という言葉からわかるように、これまで犬は番をすること(警備する)で人間の役に立ってきた動物。ペットとして飼われている犬にもこの習性が残っています。そのため、番をする範囲が広すぎたり曖昧になっていると、自分の目が行き届かずピリピリと警備のアンテナを張ったまま、緊張して不安な状態になるのです。

よくある「犬が留守中に吠えてしまう」「物音、ピンポンに激しく吠える」などのお悩みも、こういう場合が多いのだとか。ですから家の中の犬の行動範囲=警備範囲を適切に分けてあげる必要があるのです。

目安としては犬の行動範囲を1~2部屋内に収めて、家中を自由に行き来できないようにします。ドアや柵でしっかり犬の立ち入り禁止区域を区切り、普段は入れないようにします。

では、犬が過ごす場所=行動範囲は、どのようにしてあげると安心するのでしょうか?

クレートで犬が安心して眠れる場所を

まずは犬が安心して眠れる場所から考えてみましょう。眠る場所=犬のハウスです。飼い主さんは、犬が「ここにいれば安心」と思えるように、以下に注意してハウスを用意してあげましょう。

・家族の気配を感じられつつ、静かに過ごせる
・風通しがよく、暑さ寒さを避けられる
・電化製品などの音や光を発するものの側を避ける
・玄関に近すぎない

ハウスは、クレートやケージなどを使った狭くて囲まれているもののほうが犬は安心します。動物病院に連れていくことや災害時の避難を考えると、以下のような持ち運べるクレートが重宝します。

お部屋に必ずトイレを設置

トイレは犬が落ち着いて排せつできる場所、例えば人の出入りが少ない静かな物陰などに設置しましょう。犬は本来、寝床から離れたところで排せつするため、なるべくハウスから離れた場所がベターです。

子犬などのトイレトレーニングがまだできていない犬は、サークルやケージ内に寝床とトイレを設けてトイレトレーニングをしますが、トイレを覚えたらハウスから離れた場所にトイレを移してあげたほうがよいでしょう。

多くの犬がお散歩のときにウンチやオシッコすることを好みます。しかし、お散歩できない悪天候時や飼い主の不調時、災害などでの避難時を考えると、室内で排せつできたほうが犬の身体に負担をかけず飼い主さんも助かります。お部屋には必ず犬のトイレを設置し、普段から犬がいつでもお部屋で排せつできるようにしておきたいところです。

遊ぶ場所は床への傷防止&滑り止め対策を万全に

最後は犬が遊ぶ場所。家族と過ごすお部屋に犬が遊べる場所をつくってあげましょう。犬の爪でフローリングを傷つけないように、ペット用タイルカーペットやクッションフロア、ラグ、マットなどを敷きます。お部屋の床対策は犬が歩く場所すべてに必要ですが、飛んだりターンしたりと犬が爪で踏ん張る遊び場にはとくにご注意ください。

床への傷つき防止対策は、同時に犬の滑り止め対策になります。股関節や膝蓋骨、椎間板が遺伝的に弱い犬種はより注意が必要です(もちろん屋外でもご注意ください)。


犬 部屋
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む