犬猫のうんち、猫砂、ペットシーツは捨てるまでどうする?こんなゴミ袋、ゴミ箱ならもう臭わない!のメインイメージ

犬猫のうんちや使用済みの猫砂、ペットシート。みなさんはどのようにゴミの日までおいていますか?気が付いたらすぐ処理しているのに、なんだか臭う…。その原因は処理したあとに問題があるのかもしれません。

今回は、犬猫のうんち、使用済みの猫砂、ペットシートを捨てるゴミ袋やゴミ箱を集めてみました!

※犬猫のうんち、ペットシーツ、猫砂の捨て方は各自治体によって違います。必ず各自治体のウェブサイトなどでご確認ください。

防臭素材のペット用ごみ袋なら、臭いが漏れない!

こまめに猫砂やペットシーツを換えていても「お部屋がなんだか臭う…」という場合、その原因はペットのトイレからではなく、ゴミ袋やゴミ箱からの臭い漏れかもしれません。まず見直してもらいたいのがゴミ袋です。

もしかして「ビニール袋だったらどんなものでも同じように臭いを防ぐはず…」と、スーパーのポリエチレン袋やコンビニ袋を使っていませんか?思い当たる飼い主さんは、ぜひ一度、防臭素材を使った犬用・猫用のゴミ袋を使ってみてください。

うんち処理用、ペットシーツ用、猫砂用などがあります。サイズもいろいろあるので、飼育頭数やペットの大きさに合わせて選んでみてください。

おむつ用やサニタリー用ならコスパよし

赤ちゃんのおむつやサニタリー用のゴミ袋も防臭効果に優れた素材でできています。ペット用よりもリーズナブルなものが多いので、試してみる価値がありそうです。当モフマガbyペットホームウェブスタッフの一人(猫飼い・Amazonヘビーユーザー)は、以下にあるサニタリー用を使っていて猫のうんち臭もおしっこ臭も漏れてない、といっています。

専用ゴミ箱を使えば、もっと臭いをカットできる!

使用済みのペットシーツや猫砂専用のゴミ箱も販売されています。以下のタイプは、専用の防臭ゴミ袋をセットして使うものや、フタが二重構造になっていて開けたときに臭いが漏れない工夫がされています。

ペットの臭い対策といえば、消臭スプレーや脱臭剤、空気清浄機と考えがちです。が、その前に、犬猫のうんち、ペットシーツ、猫砂を入れるゴミ袋やごみ箱を見直してみてくださいね。


猫砂 ペットシーツ ゴミ箱
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む