犬の多頭飼いをするときに気をつけたいこと ~犬同士の攻撃行動~のメインイメージ

犬の多頭飼いでは犬同士の関係に注意しましょう

犬の多頭飼いをするときに、飼い主さんが気をつけておくべきポイントとして犬の攻撃行動があります。この攻撃行動は家庭内で犬同士の序列が明確でない場合に起こりやすく、犬同士の順位付けのために行われます。

特に、先住犬がいる家庭に新しく犬を迎える場合は、新たなメンバーが群れ(家族)に加わることで家庭内での序列が不安定になり、先住犬と新しく迎えた犬との間で優位性や順位の争いが起こりやすくなります。

一般的に、家庭に新しく迎えられる犬は幼い子犬であることが多く、家族が子犬の方ばかりを可愛いがってしまうというケースがよくあります。しかし、必要以上に新しく迎えた犬を優遇してしまうと、犬同士の攻撃行動の原因となる場合があるので注意が必要です。

先住犬は「先に縄張りにいた自分の方が上位なんだ」と考えています。しかし、飼い主が新しく迎えた犬ばかりを大切に扱ってしまうと、新しく来た犬は「自分の方が可愛がられているから、自分の方が上位なんだ」と考えるようになります。このように、飼い主の取る態度によって犬同士の関係に矛盾が生まれてしまうと、お互いが自分の優位を主張して攻撃行動をとるようになってしまいます。

先住犬への気遣いを忘れないことが大切です

多頭飼いをスタートする上での最悪のケースは、先住犬が「新しい犬に飼い主の愛情を奪われ、自分は相手にされなくなった」と考えてしまうことです。突然の飼い主の態度の変化により、新参者に自分の地位を奪われたと感じると、先住犬は自信をなくし、捨てられてしまったと思い込んでしまいます。こうなると、先住犬の行動が急に攻撃的になったり、ストレスによって元気がなくなったりします。また、飼い主の前での態度と飼い主がいないときでの態度が極端に変化することもあります。

飼い主が新しい環境に慣れていない犬の面倒を見ることは問題ありませんが、必要以上に先住犬と新しく迎えた犬の待遇の差がついてしまうような状況は避けたほうがよいでしょう。先住犬に対する愛情や対応が今までと変わらないように配慮し、先住犬にストレスがかからないように注意しましょう。

犬たちが決めた順位を尊重しましょう

上手に多頭飼育をするためには、犬同士の優位性や順位に飼い主が口出ししないことです。犬の決めた順位に対して矛盾した対応や不公平な対応をすると、犬同士の関係に問題が起きるということを理解しておきましょう。犬たちの様子をよく観察して、食事の順番や、犬が好む居場所の優先権など、犬の決めた順位を尊重して対応することが何よりも大切です。


犬の多頭飼育
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

岩瀬 晃透
岩瀬 晃透 さん

経歴: 全国ペット共生住宅研究会顧問、元東京都動物愛護推進員、 動物専門学校の講師

著書:愛猫愛犬マンションでの飼い方」(小学館)、 「ハムスター飼育ハンドブック」(緑書房)など

プロフィール: ペット共生住宅について多くのセミナーや企画を行い、ペット共生マンション(住宅)の運営や管理に多く携わってきた経歴を持つ日本でも数少ないペット共生住宅のコンサルタント。ペット全般についての指導管理を実施していることも特徴。また、日本愛玩動物協会東京ブランチを創設するなど動物愛護活動にも見識が深い。NPOアニマルワン副理事長。宅地建物取引主任者、マンション管理業務主任者、愛玩動物飼養管理士1級、ヒューマンアニマルボンドマスターインストラクターなど。

http://www.animalone.jp/index.html

さんの記事をもっと読む