【ペットと暮らす部屋探し】不動産会社へのお問合わせで聞いておくこと、伝えておくことのメインイメージ

ペットを飼っている方は、飼っていない方とはちょっと違った視点でお部屋を選ぶ必要があります。賃貸借契約までの過程(ステップ)で気を付けなければならないことも、一般賃貸とは違います。本シリーズは、ペット可賃貸やペット共生賃貸を探す際のステップを追って、賃貸借契約までに注意してもらいたいポイントをお伝えします。2回目は【お問合わせ】です。

お問合わせの際に不動産会社に聞いておくこと

ペットホームウェブで気に入った物件を見つけたら、物件情報を掲載している不動産会社に、電話またはメールで「お問合わせ」をしてみましょう。
一般的な賃貸物件のお問合わせは、お部屋を探している人が空室状況や物件の設備、敷金・礼金などの費用について不動産会社に確認することです。ペット可の物件も同様ですが、気を付けてもらいたいことがあります。

それは、ペットと暮らす場合の敷金・礼金などの費用について。ペット可賃貸はペットと暮らす人も暮らさない人も対象にしています。そのためペットと入居する場合には、ペットによる傷や汚れを想定して敷金・礼金の追加が条件となっている物件があります。また、ペットがいる場合のみ、退去時のルームクリーニング代の支払いが条件となっている場合などもあります。気に入った物件のお問合わせの際は、以上の詳細を不動産会社に確認しましょう。

もちろん、ペットがいても追加費用のないペット可賃貸はたくさんあります。また、ペットと暮らす人のみを対象としたペット共生賃貸に追加費用はありません。ペットがいてもきちんと対策してお部屋をきれいに使うというみなさんは、追加費用がない物件を探しましょう。

お問合わせの際に不動産会社に伝えておくこと

お客様の「お問合わせ」を受けた不動産会社は、お部屋探しをしている人の住みたいエリア、物件設備などの希望条件、引っ越し時期を確認します。

ここでしっかりと希望の条件を不動産会社に伝えることができていると、ペット暮らす部屋探しがスムーズになります。それにはお問合わせの前に、あなたの希望条件を整理しておくことをお勧めします。例えば、絶対外せない条件は「駅近」「オートロック」、あればベターな条件は「2階以上」、なくてもいい条件は「フローリング」といった具合です。

また、不動産会社にあなたのペットの情報(犬・猫などの種類、犬種と小・中・大型犬などの大きさ、頭数)を伝えておくことが大切です。

ペットと暮らす部屋探し

ペットと暮らす部屋探しでは、人気の「フローリング」じゃなくてもいいかも。滑りやすいですからね。

小型犬、中型犬、大型犬の分け方は?

ペット可賃貸・ペット共生賃貸にはそれぞれ入居できるペットの種類や大きさ、頭数が決められています。例えば、「中・大型犬相談可」「大型犬可」「猫のみ2頭まで」などとなります。「うちのフレンチ・ブルドッグは小型犬?中型犬?」という場合は、ペットホームウェブ犬図鑑をご参照ください。

ペットと暮らす部屋探し

ペットホームウェブ「犬図鑑」

とはいえ、犬には個体差があったりミックス犬もいるため犬種での判断はあくまで目安です。物件オーナーや管理会社は、犬種だけでなく犬の体重や体高でも判断します。お問合わせで不動産会社と連絡を取るときは、犬の情報をきちんと伝えるようにしましょう。

↓ペットと暮らす部屋探しはこちらから↓
大型犬が飼えるペット可賃貸
中型犬が飼えるペット可賃貸
小型犬が飼えるペット可賃貸

ちなみに猫ですが、猫種・大きさの制限はまったくありません。「猫可」のペット可賃貸は飼育頭数のみ制限があります。

↓猫と暮らす・多頭飼育できる部屋探しはこちらから↓
猫が飼えるペット可賃貸
多頭飼育できるペット可賃貸


ペットと暮らす 部屋探し
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む