犬の検便、猫の検便で分かる病気とは?のメインイメージ

動物病院で行われる犬や猫の便検査。便検査というと寄生虫について調べる検査というイメージが強いかもしれませんが、便の状態を細かく見ていくと、小腸大腸膵臓(すいぞう)などに異常がないか確認できます。便の中にはさまざまな情報がたくさん詰まっています。愛犬、愛猫のお腹の調子が悪いときは、検便で原因を確かめましょう。

食べ物の残りかす以外にも様々なものが含まれいてる

便は消化や吸収されなかった食べ物の残骸です。一概に便の量が多いから健康、少ないから不健康といったことはありません。排出される量は食べているものによって違ってきます。顕微鏡で検査してみると、消化吸収できなかった食べ物の残りかす以外にも、消化液や胃腸の細胞、腸内細菌など、便の中には様々なものが含まれています。

猫 採尿

便の形状・色・ニオイから分かること

動物病院では、まず、見た目のチェックから行います。便の形状からは腸の消化や吸収、運動状態が分かります。量も重要ですが、固さや形も大切です。固形便、形はあってもゆるい軟便、下痢状の水様便など、便の状態がどれに該当するか確認します。

そして、もう一つ大切なチェック項目が便の色とニオイです。良好な健康状態の便色はだいたい黄褐色ですが(食べている食事内容によって多少異なります)、下痢をするとこれが黄緑色に変色します。他にも白っぽい、異様に黒い、水分がほとんどないなどの状態は、体内に何らかの異常があるというサインです。また、便に血が混じっていると小腸や大腸の異常が想定されます。

便のニオイにも情報があります。ニオイには、腐ったニオイや酸っぱい感じのニオイなどいくつか種類があり、脾臓や小腸・大腸に問題があるとこれらのニオイがします。

犬の検便

ふくわらいさんによる写真ACからの写真

犬の便、猫の便の検査方法

動物病院で主に実施される検便には直接法集虫法の2通りがあります。

直接法は生理食塩水で便を希釈して顕微鏡で見る方法です。これにより、腸内細菌のバランス・活性や寄生虫の卵、小腸・大腸の細胞などを発見します。

集虫法は、便を溶かした飽和食塩水の上澄液を顕微鏡で観察する方法です。直接法ではさまざまな事柄が発見できる一方、一部の少量の虫卵などの発見はしにくい面があります。逆に、集中法では、少量の虫卵でも発見できる一方、細菌や細胞を見ることができないため、さまざまな症状を発見するのには適していません。

注意点は、ペットの体に寄生虫が存在しても1度の検便では発見できないこともあること。たとえ検査で虫が出なかったとしても、定期的な検便で駆虫を行うことが大切です。

自宅から犬の便や猫の便を動物病院へ持参する場合は、できるだけ新しいものを乾燥させずに持って行きましょう。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

犬 検便
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします
タグ: , ,

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む