犬猫の健康に重要な腸内環境を整える。KINS WITHが提唱する「菌ケア」とは?のメインイメージ

人の健康には”腸内環境を整えること”が重要です。じつはこれ、犬や猫にとっても同じことが言えるのです。いま、あなたの愛犬愛猫に必要なのは「菌」かも⁉

犬猫の健康にも「腸内環境」は重要!

人間の健康にとって「腸内環境を整える」ことが重要なのはみなさんご存知の通り。その効果は「お通じがスムーズになる」だけではなく、次のような効果も知られています。

  1. 免疫力がつく
  2. アレルギー症状の緩和
  3. 快眠
  4. ストレス緩和
  5. 美肌

以上は腸内に存在するさまざまな免疫細胞や、「やる気」「 安心感」「幸福感」をもたらすセロトニンという神経伝達物質により得られることが分かっています。このように、人の身体だけでなく心の健康をも左右する腸内環境は「第二の脳」とも呼ばれるほど重要なもの。

この腸内環境に注目し、総合的な「菌ケア」サービス&プロダクトを提供してきたのが株式会社KINSです。愛用者からの相談をきっかけに犬猫のための菌ケアを研究した同社は KINS WITHを新たに立ち上げました。

高齢で腎臓病の愛猫のケアから猫の腸内環境の重要度を感じていた当サイトスタッフは、「これは!」と思い、KINS WITHのオンライン発表会に参加。「菌ケア」とはどのようなものなのか、KINS WITHプロダクトとともにご案内します。

犬猫の腸内には100兆の菌がいる

オンライン発表会で「菌ケア」について教えてくれたのは、KINS WITH共同開発者の安 亮磨 獣医師。複数の動物病院で歯科を中心とした診療を行うとともに、動物の予防医療・予防ケアを普及させるため一般社団法人動物予防医療普及協会を設立した人物です。

sub9

安 亮磨 獣医師。

安 獣医師がまず説明してくれたのは、ペットの予防医療について。以下のように分類されているそうです。

  • 0次予防……体質を知る(犬種・猫種、遺伝子検査)
  • 1次予防……食餌、運動、環境、予防接種
  • 2次予防……定期健診、飼い主の気付き
  • 3次予防……通院、治療、リハビリ

安 獣医師によると、犬や猫にも人間と同様におよそ1000兆匹もの菌が体内に生きていて、腸内細菌は100兆匹に及ぶのだとか。そして「菌ケア」は、以上のどのステージでも取り入れることができるもので、以下3つがポイントとなる、とのこと。

  1. 菌を取り入れる「プロバイオティクス」…発酵食品などを食べる
  2. 菌を育てる「プレバイオティクス」…菌の餌(オリゴ糖、食物繊維)を食べる
  3. 菌のジャマをしない…ストレスケア、良質な食餌、睡眠、口腔ケアなど

ちなみに2.にある「菌の餌」とは、サツマイモ、ニンジン、かぼちゃ、りんご、バナナ、キャベツなどがいいそうです。犬や猫がこれらをおやつで食べてくれたら、効果的な「菌ケア」ができそうですね!

「菌ケア」は知る・摂る・続ける

KINS WITHは以上1.~3.をすべてをカバーする「菌ケア」を効果的に行うため、以下のプロダクトとサービスを提供しています。

腸内の菌の状態を「知る」

菌のバランスを知ることが菌ケアの第一歩です。まずは初回に届く検査キットでペットの便を採取して腸内フローラ検査へ。検査結果は約2か月半後。検査結果から適切な菌ケアのアドバイスも行って、ペットそれぞれに合ったサポートを提案します。※KINS WITH BOX購入時のみ

sub4

「検査キット」で腸内フローラを「知る」。

健康維持に必要な菌を「摂る」

菌を育てるサプリメントと、美味しくて身体にいい原料でできた粉状のフレーバーが一緒に届きます。サプリメントの初回はORIGINAL、2回目以降は乳酸菌が主成分のGUTもチョイスでき、ペットのその時体調に合わせることが可能です。

<ORIGINALについて>
「乳酸菌生産物質」が主成分のサプリメント。厳選した21種類の乳酸菌やビフィズス菌を発酵してつくりだされた400種類以上の成分をそのままギュッと凝縮。アミノ酸やビタミン、短鎖脂肪酸など、犬や猫の身体に嬉しい成分がたっぷりバランスよく含まれています。腸内で善玉菌が生み出す成分そのものを摂取することができ、すこやかな腸内環境を維持するサプリメントです。原材料:乳酸菌生産物質、デキストリン(一部原料に大豆を含む)

sub5

サプリメントで菌を「摂る」。

サプリメントをペットに食べてもらいやすくするためのフレーバーは、まぐろ・ヤギミルク・バナナ・かぼちゃ・ささみの5種。初回は全種が届き、2回目以降はペットが好きな1種を毎月チョイスします。

マグロ:DHAやEPA、タンパク質を豊富に含む。赤身が多いため低カロリーな食材。
ささみ:食いつき抜群。動物性タンパク質が豊富。普段の食事では補いにくいメチオニンというアミノ酸を含む食材。
かぼちゃ:食物繊維が豊富。βカロテンやビタミンC、ビタミンEなどの栄養素を含む食材。
ヤギミルク:カルシウムを豊富に含み、ヤギミルクの乳糖は牛乳より少ないため基本的には乳糖不耐症でも与えられます。
バナナ:食物繊維、オリゴ糖を含みカリウムなどの必須栄養素も摂取できる食材。

sub6

菌を摂りやすくするフレーバー。

食生活や生活習慣を「続ける」

サプリメントはあくまで「菌ケア」の手段のひとつです。ペットには食生活をはじめ、運動や歯磨きなど日常のさまざまな生活習慣の見直しが重要です。飼い主さんひとりで愛犬愛猫に最適な「菌ケア」と生活習慣の見直しを続けるには困難ですが、KINS WITHではコンシェルジュにLINEでいつでも相談できます。

sub8

アトピー性皮膚炎などペットの症状に

ここでKINS WITHをお試ししたペットの症例を2つご紹介します。

ケース1 アトピー性皮膚炎に悩む12歳のシーズーMIX

内服薬のステロイドをかゆみ止めとして常に使っていたが、サプリメントを毎日3週間継続したところ、かゆみ止めを使用せずに皮膚の状態が改善された。

ケース2 外耳炎に悩む4歳のMIX猫

毎年梅雨〜夏にかけて湿度のせいなのか外耳炎の悩みを抱えていたが、サプリメントを毎日2週間継続したところ、耳の汚れが減り、外耳炎になりにくくなった。

KINS WITHの詳しい内容は、公式サイトまで。

KINSとは?
KINSは美と健康を司る全身の“菌”のケアをサポートする企業です。もともと医療法人の理事長であった下川の潤沢な経験から生まれました。経営を行う中で大量に読み込んだ論文。国内外の大学、研究機関が発表する様々な論文で、ひときわ下川の読み込んだ論文。国内外の大学、研究機関が発表する様々な論文で、ひときわ下川の目を引いたのが「健康と美と、菌の関係」についての記述でした。その経験を元に、腸内環境や皮膚の常在菌バランスを整えるサプリメントや化粧品を提供しています。さらに自社ラボを設立し、細菌や真菌に関する研究を進め、商品開発に生かしてまいります。

次回はサンプルのレポートをします!

先日、サプリメントと5種のフレーバーをサンプルとしてご提供いただきました!愛猫に与え始めたところなので、1か月くらい試してみてからレポートする予定です。

KINSさんありがとうございます!みなさん、お楽しみに。

IMG_20210921_160502

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

sub5
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む