柴犬も人も活発になる自然豊かな町田エリアの暮らし。武蔵野の原風景が残る里山で日々、お散歩三昧です!のメインイメージ

この連載の取材をさせていただける方を募集中!豪華(?)プレゼントも!応募はこちらから

奥様の一目ぼれでやってきた 黒柴の次男坊、まんさく

東京都町田市に住む浅井さんご一家は、ご夫婦と中学2年生になる息子さんの3人家族です。一家に柴犬のまんさくがやってきたのが約1年前。きっかけは、買物帰りの奥様がふと立ち寄たペットショップで、一番かわいい時期をちょっとだけ過ぎてしまった4か月の黒柴と目が合ったことでした。

柴犬 町田

お散歩が大好きな柴犬のまんさく

「抱かせてもらったらもうダメでしたね。すぐさま主人と息子に写メを送って、近くのカフェで1時間ほど家族会議をして決めました。犬は私も好きだし息子が小さい頃に飼いたいと言っていたのですが、当時は無理だと思っていました。というのも、息子が自由奔放で生傷の絶えない子供でしたので(笑)、犬の面倒まではとてもみられない、と。そんな息子も中学生になって手がかからなくなりましたからね。」(奥様)

以前は反対していた奥様からの突然の提案。息子さんはもちろん、ご主人も快諾でした。こうしてまんさくは浅井家に迎えられることとなったのです。

柴犬ならではの性質や体質を踏まえて育てています

「4か月までペットショップにいたまんさくは、人慣れしているせいか聞き分けいいコでした。まだ1歳ですが、ソファに乗るのはダメと言っていたら、つい先日、理解できたようでやらなくなりました。留守中もケージでおとなしくしているし、人間と違って(笑)、まったく手がかからないコです。」(奥様)

取材時もカメラ目線をくれたり、ご主人の指示で椅子に座ってくれたりしたまんさく。賢いコです。

お留守番はケージで

お留守番はケージで

「マテとフセはもう覚えました。アイコンタクトもできます。オイデはいま訓練中。あと、柴犬は体を触られるのを嫌がる傾向があるらしいので、触っても平気でいられるように意識して触っています。」(ご主人)

かつては狩猟犬だったという柴犬。個体差はありますが、賢く行動的で独立心や警戒心が強いといわれています。人に触られるのが嫌なコは後々トラブルを起こしかねません。ご主人はきちんと犬種の特徴を踏まえてまんさくを育てているようです。さて、犬の1歳といえばやんちゃな遊び盛りですが、まんさくはどんな遊びをしているのでしょう?

「お気に入りはこのおもちゃと猛獣ごっこ。猛獣ごっことは、私が革の手袋をしてまんさくとガウガウと猛獣のようにじゃれ合う遊びです。まんさくとの遊びで気を付けているのは、飽きる前にやめること。遊びの主導権を私が握るよう気をつけています。」(ご主人)

柴犬 おもちゃ

お気に入りの噛むおもちゃ(ボーン)

柴犬 町田

猛獣ごっこでじゃれ合う

遊びたいだけ遊ばせない。犬はもともと群れの動物なので、リーダーに従うことで安心するとのこと。しっかりリーダーシップを発揮しているご主人、お見事です。

ところで柴犬といえば、そのみっちりと生えた絨毯のような毛も特徴の一つ。柴犬と暮らすお宅では、1年を通して抜け毛の掃除が大変だと聞きます。特に春と秋の換毛期には尋常ではない量が抜けるのだとか。子犬の頃からブラッシングやシャンプーに慣れさせておくといいかもしれません。

「まんさくはコロコロされるのが好きなんです。柴犬は毛が二重構造になっていて毛が多いらしいので、直接コロコロができたほうがいいと思って小さい頃からやっていました。掃除機も大丈夫ですよ」(奥様)

柴犬 町田

コロコロされるのが好きみたいです

柴犬 町田

身も心も預けてしまうまんさく

「前は家でシャンプーしていましたが、乾かすのがとにかく大変なので、今は月1でプロにお任せしています。あ、まんさくは利尻昆布のような匂いがするんですよ。やっぱり日本犬は日本的な匂いがするんですねぇ」(ご主人)

利尻昆布?嗅がせていただくと、確かに昆布的な匂いが…。あとで調べてみると、“うちのコも”という柴犬の飼い主さんがちらほらいらっしゃいました。おもしろい“柴犬あるある”ですね。

柴犬 町田

柴犬からは利尻昆布の香りがする…?

自然いっぱいの里山散歩でご主人の減量と体力づくりも

現在、まんさくのお散歩はご主人が担当しています。

「まんさくが来る前から体力の衰えを感じていて、何か運動を始めなければ…と思っていました。お散歩は自分の健康づくりも兼ねて、朝からたっぷり40分~1時間くらい行っています。おかげで体重が3キロ落ちて中性脂肪値も激減。体力もついてきました。実は町田周辺はジブリ映画『平成狸合戦ぽんほこ』で舞台となった里山がまだ残っていて、散歩にいいところがいくつかあるんです。時間があるときは、たっぷり2時間くらい行くことも。後でご案内しますよ」(ご主人)

柴犬 町田

車に乗って里山へ!

というご主人に案内され、車に乗ってやってきたのが町田市の北西部に位置する小山田緑地。丘陵地に雑木林や草地、池などの水辺があり、まさに武蔵野の原風景が広がっていました。

ご主人はまんさくに長いリードをつけると、どんどん先へ進んでいきます。丘陵地なのでアップダウンが激しく、お散歩というよりプチ・トレッキングという感じ。われわれ取材陣は、やっとのことで付いていきました。開けた草地に着いたまんさくは、ご主人を目がけて猛ダッシュしたりと大はしゃぎです。

柴犬 町田

草地で大はしゃぎのまんさくと浅井さん

「犬のために義務感でやっているのではなくて、自分でも楽しんでやっています。体力に自信がついてきたので、そのうちまんさくと登山に行きたいですね!」(ご主人) 犬との暮らしそのものを思いきり楽しんでいるご主人。体力を取り戻しただけでなく、そのフィールドも広がりつつあるようです。

自然の中で犬との充実したお散歩が楽しめる町田市周辺。中型犬以上のワンコと暮らす方にお勧めのエリアではないでしょうか。

柴犬と暮らせる賃貸のお部屋探しはこちらからどうぞ!!

町田市で柴犬(中型犬)と暮らせる賃貸物件
東京都で柴犬(中型犬)と暮らせる賃貸物件
大阪府で柴犬(中型犬)と暮らせる賃貸物件

ギャラリー


柴犬 町田
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む