犬にかかる費用は年間36万円、猫にかかる費用は年間18万円!治療費、フード、ケア代など年々増加傾向に。のメインイメージ

みなさんは犬や猫にかかる費用を把握しているでしょうか?
ペット保険のアニコム損保が2月2日に発表した「ペットにかける年間支出調査(2014年)」によると、犬にかかる年間の費用は36万円で、猫は18万円でした。

犬の年間費用内訳 猫の年間費用内訳
病気やケガの治療 約8万円 約5万円
フード・おやつ 約4.8万円 約3.9万円
しつけ・トレーニング  約4万円 -
トリミング料 約4.3万円 約0.8万円
ペット保険 約3.8万円 約3万円
ワクチン・健康診断 約2.8万円 約1.3万円
ペットホテル・シッター 約2.7万円 約1.5万円
日用品 約2万円 約1.7万円
その他(施設利用・雑貨など) 約3.4万円 約0.9万円

毎月のフード代にトイレ用品はもちろん、病気やケガをした時の治療費や、ペットホテル代など、ほぼすべての費用において犬のほうがお金がかかるという結果になっています。
これから「ワンコやニャンコと暮らしたい!」と思っている方は、ぜひ、ご参考に。新しいコを迎える場合、年間の予算と相談してくださいね。

また、犬猫どちらにも言えるのは、2013年に比べて増加傾向にあることです。
前年度比は犬108.5%増、猫106.7%でした。
増加が顕著だったのは、猫の治療費で140.1%。これは、結石の治療のほか、シニア猫の腎臓病、糖尿病などの継続治療の増加が挙げられています。

犬の治療費は前年比107.3%の増加でした。若い犬のケガやアレルギーの治療、シニア犬の歯周病、白内障、心臓病、腫瘍疾患などの継続治療の増加が目立ったようでした。

詳しい費用の詳細や解説はこちらをどうぞ。

アニコム損保「ペットにかける年間支出調査(2014年)」


6b8e1d793cf5614cc7b75db3a91371b6_m
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

都内でキジトラの美猫と暮らすお一人様ライター。埼玉の実家には父親の愛犬がいるが、子犬の頃に「ワッ!」といって脅かしたため、帰るたびに不信の眼差しを向けられるのを気に病んでいる。

さんの記事をもっと読む