ペット可賃貸に最適!壁紙に貼ってはがせる半透明タイプの「壁紙保護シート」が新発売のメインイメージ

ペット可賃貸にお住まい方の頭を悩ませる、ペットによる壁紙の汚れやキズ。特に、猫がどうしても壁紙で爪とぎしてしまう…という場合は切実です。壁紙での爪とぎをやめさせる方法はいくつかありますが、一番即効性があるのは保護シートを貼ってしまう方法です。生活雑貨メーカーの小久保工業所から、「壁紙保護シート」が新発売されるのでご紹介します。

ペット可賃貸のお部屋に最適。貼ってはがせる「壁紙保護シート」

小久保工業所から新発売された「壁紙保護シート」は、通常の賃貸物件に使用されているビニル壁紙の上から貼るタイプのもの。半透明なので目立たず、壁紙になじみます。弱粘性なのではがしても壁紙を傷めず、ペット可賃貸のお部屋に最適です。粘着力が落ちて剥がれてきてしまったら、付属の「再はく離性特殊両面テープ」で再び貼ることができます。

壁紙保護シート
サイズ46×100cm:税込1728円 サイズ92×100cm:税込3,240円
参考価格:オープン価格 セット内容:壁紙保護シート1枚、再はく離性特殊両面テープ1個
材質:[本体]シート/ポリプロピレン、粘着剤/アクリル系粘着剤 [補強用テープ]基材/不織布、粘着剤/アクリル系粘着剤
発売元:(株)小久保工業所 発売日:2015年11月20日新発売  MADE IN JAPAN

 ペット可賃貸に入居したら、壁紙対策を考えよう

ペット共生賃貸などでは、床から1m前後の部分に区切りがある「腰壁」になっているため、退去時、壁紙すべてを交換しなくて済みます。が、ペット可賃貸は、通常の賃貸物件と同じで「腰壁」になっているお部屋はほとんどありません。あなたのペットが一部分を破いてしまっただけでも壁一面の交換になってしまい、その費用は部屋を借りた人の負担になります(「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」より)。

ペット可賃貸 壁紙

借主の壁紙(クロス)の負担は、破損した一面分になります。東京都「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」より

やんちゃなペットと暮らしているみなさん。ペット可賃貸に入居したら、インテリアグッズを揃えるのと同時に、ペットから壁紙をガードする保護シートのご用意をお忘れなく!

■原状回復をめぐるトラブルとガイドライン(国土交通省)
賃貸住宅トラブル防止ガイドライン(東京都)


ペット可賃貸 壁紙
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

都内でキジトラの美猫と暮らすお一人様ライター。埼玉の実家には父親の愛犬がいるが、子犬の頃に「ワッ!」といって脅かしたため、帰るたびに不信の眼差しを向けられるのを気に病んでいる。

さんの記事をもっと読む