ペットと一緒のお墓に入りたい飼い主さんへ。墓石と霊園がセットになった「Withペット」をご紹介のメインイメージ

大切な家族であるペットも、いつかは寿命を迎えます。ペットを飼うということはペットの一生を見届けるということでもあり、飼い主はペットが亡くなった際に、どのように葬い供養をしてあげるのかを考えておく必要があります。

いつまでもペットと一緒にいたいと考える飼い主さんへ

近年ではペット用の葬儀サービスやお墓を提供する霊園が増え、ペットのための新たなサービスとして目にする機会も多くなってきました。現在、広く提供されているペットのお墓や霊園はペット専用のものであり、飼い主の家族のお墓とは別のお墓に納骨されるのが一般的です。

しかし、ペットは飼い主にとっては最愛の家族であり、人間の家族と同じくらい大切な存在です。できることなら、家族として一緒のお墓にペットのお骨を納めてあげたいと思っている飼い主の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回ご紹介する「Withペット」は、まさに「ペットと一緒のお墓に入りたい」と考えている飼い主の方のためのサービスです。

「Withペット」を提供するのは株式会社メモリアルアートの大野屋(東京都新宿区、代表取締役社長 大澤静可)。2003年に国内初のペットと一緒に眠れるお墓として「Withペット」の提供を始め、現在では東京都町田市や埼玉県さいたま市、兵庫県神戸市など、国内5カ所の霊園で同サービスを展開しています。

株式会社メモリアルアートの大野屋「With ペット」ウェブページ

ペットを飼い主と一緒のお墓に埋葬できる「Withペット」

「Withペット」は、近年増えているペット専用の墓地や納骨堂とは異なり、飼い主の家族と一緒のお墓にペットを埋葬できるのが特長です。一定サイズまでの骨壷であれば、犬や猫をはじめ、どんな種類のペットでもお墓に納めることができます。

石碑のデザインや形は、霊園によって高さなど一定の決まりはあるものの、好みに合わせて自由に作ることができ、石碑にペットの名前やメッセージを刻むこともできます。ペットの思い出の写真を設置することもできるようです。生前のペットの個性を尊重したデザインにしてあげるのも良いかもしれませんね。

骨壷に納められている状態なら、既に他のペット霊園などに納められているお骨でも納骨でき、ペットが飼い主より先に亡くなった場合でもペットの遺骨だけを先に納めることができるなど、飼い主とペットの状況に合わせた柔軟な対応が用意されているのも嬉しいポイントです。

お墓の費用については、「Withペット」用の特別価格は設定されていないため、他のお墓と比べて特別に高くなることはないそうです。

ペット一緒 墓

置かれた石像から、飼い犬への愛情が伝わってきます。

ペット一緒 墓

思い出の写真を納めれば、いつでも生前の姿を拝むことができます。

Withペットを採用している霊園はこちらから

お別れは突然やって来ます。ペットが先に亡くなる場合は飼い主さんがゆっくりお墓を探せますが、飼い主さんが先に亡くなってしまうと、お墓がどうなるのか分かりませんよね?お墓のこと、この機会にを考えてみてはいかがでしょうか?

メモリアルアート大野屋「Wthペット」は以下の霊園で取り扱っています。詳しくは「Withペット」ウェブページをご覧ください。

「Withペット」取り扱い霊園

  • 町田いずみ浄苑(経営:宗教法人常照寺)/東京都町田市真光寺町315
  • 奥多摩霊園(経営:宗教法人向雲寺)/東京都西多摩郡奥多摩町海沢183-3
  • 八王子メモリアルパーク(経営:宗教法人長楽寺)/東京都八王子市川口町335
  • 岩槻光輪浄苑(経営:宗教法人明善寺)/埼玉県さいたま市岩槻区裏慈恩寺1251
  • 神戸山田霊苑(経営:宗教法人金剛寺)/兵庫県神戸市北区山田町西下字狼谷3-1

ほか全9霊園

◎資料請求・お問い合わせ窓口
「大野屋テレホンセンター」TEL:0120-02-8888
(年中無休9:00~20:00)

株式会社メモリアルアートの大野屋「With ペット」ウェブページ


ペットと一緒 お墓 
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 田中
ペットホームウェブ編集部 田中 さん

ペットホームウェブ編集部の猫好きライター。愛猫「ミルク(♀/12歳)」を実家に残し都内で生活中。猫との暮らしを夢見つつ、不足しがちな猫成分を近所の野良猫との交流で補う日々を送っています。

さんの記事をもっと読む