高齢猫のオシッコ加齢臭を消臭する猫砂が登場!ライオン商事(株)「ニオイとる砂 7歳以上用」のメインイメージ

高齢猫はオシッコの匂いがキツい?

人間と同じように猫も高齢化が進んでいます。現在、飼い猫の42%が7歳以上のシニア猫で、平均寿命は14.8歳になるとのこと(2014年一般社団法人ペットフード協会調べ)。

人やペットのケア用品でおなじみのライオン商事株式会社の調べによると、高齢猫の飼い主さんは、猫の加齢の伴い「オシッコの匂いがキツくなった」と感じていることが分かりました。

同社で研究した結果、その原因は、猫は7歳くらいからオシッコに、イオウのような悪臭と「汚れた公衆トイレのような」不快な匂いが強くなることが判明しました。

「トリプル消臭成分」でオシッコ加齢臭をしっかり消臭!

同社は、この強烈な高齢猫のオシッコ加齢臭を「トリプル消臭成分」でしっかり消臭する猫砂を開発。3月4日、「ニオイとる砂 7歳以上用」として全国で発売しました!

「トリプル消臭成分」とは、針葉樹系消臭成分(PNC)、動物系消臭成分(CSM)、銅イオンの3つ。しっかり固まる「鉱物タイプ」と、燃えるゴミとして捨てられる「紙タイプ」がラインナップされています。

猫砂で高齢猫用のものが登場したのはおそらく初めて。高齢猫の飼い主さんは一度試してみてはいかがでしょうか?
今後さらに、シニア用のケア用品が開発されるといいですね!

■「ライオン ペットプラザ」ライオン商事株式会社のペットライフ応援サイト


ニオイをとる砂 7歳以上用 鉱物タイプ|ペットライフ応援サイト ペットプラザ|ライオン商事株式会社
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

都内でキジトラの美猫と暮らすお一人様ライター。埼玉の実家には父親の愛犬がいるが、子犬の頃に「ワッ!」といって脅かしたため、帰るたびに不信の眼差しを向けられるのを気に病んでいる。

さんの記事をもっと読む