ペットを飼う方とオーナーさんを結びつける書籍『今からでもできる賃貸住宅経営革命 ペット共生住宅編』のメインイメージ

ペット可物件が増えることは、ペットを飼うみなさんの選択肢が増えることになります。しかし、なんとなく増えているような気がしているだけで、実のところ、ペット可物件が大幅に増えたわけではありません。そこには物件を所有するオーナーさんがペット可物件にすることを嫌う傾向があるからです。単に嫌い、というところから、うるさいと周りに迷惑がかかる、部屋が傷む、など、現実的な理由もあるでしょう。しかし、ペットを飼う方のモラルも上がり、そしてなにより、ペット可物件への潜在的な需要が増す中で、これをビジネスチャンスと捉えない事もおかしい。著者の八重田さんは、ペットを飼う方とオーナーさんの両方に理解とサポートを行い、お互いに満足の行く道作りをしています。

この本は不動産業界への提案書ですが、一方で、ペットを飼うみなさんにも読んでいただくと、必ず、次の住まい探しの糧になると思います。長年、両方の立場を行き交う中で培った八重田さんならではの「とても正直で、具体的なお話しが詰まった」一冊です。


賃貸住宅経営革命 ペット共生住宅編
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む