ペット共生住宅は、ペット可物件・ペット可賃貸と大きく違いますのメインイメージ

分譲マンションから始まり、やがて賃貸物件へ普及したと言われるペット可物件。では、近年増えてきたペット共生住宅は、これまでのペット可物件と何が違うのでしょうか?

「ペット可」と「ペット共生」の大きな違いとは?

ペット可物件やペット可賃貸とは、「ペットと一緒に暮らすことを可能としている」分譲および賃貸の物件です。一口に「ペット可」といっても、はじめからペットの飼育を前提につくられた物件もあれば、付加価値を高めるために後からペット可にした物件もあり、ペット向けの特別な設備やサービスがないケースがほとんどです。

一方で、ペット共生住宅は、「ペットと暮らすことを前提に企画・施工された」賃貸および分譲物件のこと。一般的なペット可物件との大きな違いは、住居・共用部分にペットとの生活を配慮した機能や設備があり、さらに、1Fにトリミングサロンを併設したマンションや、しつけや飼育の悩みなどを専門家に相談できるサービスなどを備えているマンションもあります。

高まるペット共生住宅のニーズ。背景にある2種類の「不都合」

現在、こういったペット共生住宅、ペット共生マンションのニーズが高まってきています。その背景には、室内飼育の増加に伴いペット可物件で感じた不都合なことが関係しています。ペット可物件での不都合とは、「人にとっての不都合」と「ペットにとって不都合」があります。

まずは人にとっての不都合から。ペット可物件にはペットを飼っていない人も住んでいます。ペットへの理解がない人や嫌いな人も住んでいるため、ある程度は気を遣いながら生活しなければなりません。また、「お散歩から帰って犬の足を拭くのが面倒。足洗い場があれば良いのに」といった設備面の不都合もあります。

ペットにはもっと切実な不都合があります。例えば、フローリングの床。犬はフローリングではうまく歩けず、滑ってしまいます。近年、足腰にトラブルを抱える犬が増加し、その原因の1つが「滑りやすい床ではないか」といわれています。また猫は、鋭い爪を使って高い所に登る習性があります。ところが最近の洋室には、高い所や登れる柱がありません。本来の習性を発揮できないのは猫にとってストレスです。

ペット共生住宅

ペットには「滑りやすい」という不都合があるフローリング。

愛するペットの不都合をなんとかしてあげたいという思いが高まる一方で、ペット可物件・ペット可賃貸ではそう簡単にできない現実があります。特に、ペット可賃貸では原状回復義務があるため、基本的にリフォームはNGです。こうしたことからペット共生住宅への期待と需要が高まっているのです。

ペット共生住宅の設備

ペットとの共生(ともに生きること)を前提としたペット共生住宅には、ペットの健康を考えた設備や、ペットとの暮らしに便利な設備が施されています。物件によって設備の内容は異なりますが、ペット共生住宅の設備には次のような種類があります。

室内設備

ペット対応床材(フロア) 傷が付きにくく汚れにくい素材を使用。お手入れがカンタンです。
ペット対応クロス 壁の下部分(床から約90センチ)が腰壁になっていて、汚れたり、破れたりしてもすぐに取り換えられます。
飛び出し防止ゲート   ペットが玄関から飛び出さないようにするための柵。ペットが苦手な人への配慮にもなります。
くぐり戸 ペットが室内のドアが閉まっていても行き来できる小さな扉。
猫棚 壁面に数段の棚板を設置して猫が上下運動できるようにした設備。
脱臭器・24時間換気システム ペットの匂いやアンモニア臭を消臭したり、屋外に排出できる設備。
ペット共生住宅 ペットドア

ペット共生住宅のペットドア。写真提供:株式会社ムサシシステム

室外設備

エレベーターのペットボタン ペットとエレベーターを使うときに他の人に知らせます。
リードフック   玄関先などにあり、散歩の行き帰りにリードをつないでおくことができます。
トリミング室   ペットの足洗い、シャンプー、ブラッシングができる設備。共用設備となっている物件が多いようです。
ドッグラン 犬を自由に走り回らせることができます。屋上や敷地内に設置されています。
汚物流し お散歩時の犬の排泄物を自宅に入る前に処理できます。

ペット共生住宅はまだ少数。今後の増加に期待!

ペットと暮らすことを前提につくられたペット共生住宅は、ペットと飼い主にとって便利で快適な住まいといえるでしょう。残念ながらまだ物件数は少なく、希望のエリアや条件に合う物件にめぐり合えないかもしれません。また、ペット設備やサービスが充実している物件は、家賃や初期費用が少々割高になっていることも。人気が高いため、空室になってもすぐに埋まってしまうようです。

ペット共生住宅に住みたいとお考えの飼い主さんは、条件に合うお部屋を見つけたら、できるだけ早い段階で問い合わせてみることをおすすめします。

■ペットホームウェブ「ペット共生」「ペット共生型」「ペット共生タイプ」などの物件はこちらです!

東京都23区内
東京都23区外
神奈川県
埼玉県
千葉県


ペット共生住宅
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む