シニア期の犬猫がかかえる痛みや疾患を早期発見。犬猫用活動量計「プラスサイクル」とは?のメインイメージ

犬や猫も年齢を重ねると、人間と同じようにさまざまな病気へのリスクが高くなります。しかし彼らは体の不調や痛みを言葉にできません。

そんなシニア期の犬や猫の飼い主さんに、新たなツールをご紹介します!

犬猫用活動量計、プラスサイクルとは?

犬も猫もシニアになると落ち着いてきて、だんだん活動量が減ってきます。加齢に応じた活動量の低下は当然といえば当然。しかし何らかの痛みや疾患ある場合は、顕著な変化が出てきます。

例えば私たちの場合、肩こりや腰痛があると積極的に動かなくなったり眠りが浅くなったりします。「なんかダルい」と思っていたら病気が見つかった…なんてことも。犬や猫も同じです。

この活動量に着目して病気の早期発見に役立てるのが犬猫用活動量計、プラスサイクル。犬猫の首に装着して、活動状態にいる時間と安静・睡眠状態にいる時間を計ります。本体は直径2.7cm x 厚み0.9cmでわずか約9g。小型犬や猫にも負担なく首輪に装着します。

プラスサイクル シニアの犬猫

プラスサイクルは3軸加速度センサーで活動を数値化し、気圧センサーでジャンプ数を測定。活動量・ジャンプ回数に異常があるときはアプリにお知らせします(本体価格9,000円、アプリ利用料無料)。

プラスサイクル シニアの犬猫

 かかりつけ動物病院と連携。レポートを提供

プラスサイクルは、全国のプラスサイクル対応病院(約900病院)と連携ができます。以下のように、プラスサイクルから得られた活動量・ジャンプ回数・睡眠時間のデータとともに、プラスサイクル担当者が分析したコメントが記入。レポートとして動物病院へ提供します(あにさぽ®との提携サービス)。

プラスサイクル シニアの犬猫

プラスサイクルで活動量を測定すると、あなたの愛犬愛猫に以下3つができるようになります。

  1. 治療の経過観察
    手術後や投薬中のデータを取得し活動量の推移をレポートで確認することにより、手術後の回復傾向や薬の効果確認の参考となります。
  2. シニア犬猫の運動機能チェック
    シニア期の顕著な活動量・ジャンプ回数の異常を検出したり、全国の犬猫のビッグデータと比較することにより、シニア期の犬猫の異常の早期発見を実現。
  3. 夜の睡眠測定
    夜間の睡眠時間の質を観察することにより、睡眠障害から犬猫の痛み(疼痛)や異常の検出につながる可能性があります。

プラスサイクルはAmazon特設ページより購入できます。

シニア猫の変形性関節症、痛み発見に

プラスサイクルを開発した株式会社日本動物高度医療センターは、日本大学 獣医外科学研究室:枝村一弥准教授・山﨑敦史大学院生との共同研究「猫の身体活動と睡眠の質の評価におけるPlus Cycle(プラスサイクル)の有用性検証」の論文が米国の科学雑誌「PLOS ONE(プロス・ワン)」に掲載されたことを2020年8月にアナウンスしています。

これは、12歳以上の猫の70%が発症するといわれる変形性関節症などの疾患や痛みの早期発見のために、猫の身体活動と睡眠の質を評価する新しいツールとして、プラスサイクルの有用性を検証したもの。検証されたことはおもに以下となります。

■プラスサイクルの測定精度
これまで多くの研究で使用されていた活動量計ActicalとPlus Cycleを同時に猫に装着し比較。2つのデータには強い相関があり実際の猫の行動を正確に反映していた。プラスサイクルは治療効果の測定などにも利用できる可能性が示唆された。

■加齢に伴う猫の活動変化が明らかに
健康な猫61頭にプラスサイクルを装着して活動量・ジャンプ数を測定したところ、高い精度で身体活動を定量化し活動状態と安静/睡眠状態を判別する上でも非常に精度が高いことが認められた。加齢に伴い活動量とジャンプ回数は有意に減少し、その一方で安静/睡眠時間は有意に増加することが明らかに。

■ジャンプ回数が重要
ジャンプ回数も加齢に伴い有意に減少することが認められたことにより、運動器疾患の早期発見には、活動量変化に加えジャンプ回数も新たな指標として重要であることが明らかに。

■夜間の睡眠を評価することで、猫の「痛み」が見えてくる
猫は加齢に伴い睡眠時間が増加することが知られているが、今回の研究において、加齢に伴い「昼間」の睡眠時間は増加するが、「夜間」の睡眠時間の推移はほぼ一定であることが明らかに。今後、夜間の睡眠の質を定量的に評価することによって、猫の「痛み」や疾患が早期発見できる可能性が示唆された。

プラスサイクル シニアの犬猫

シニア猫の関節症の痛み…気づいてあげたい!

猫は痛みや不調を隠すのが上手な動物。シニア猫と暮らしている飼い主さんは、猫の睡眠の質を下げる変形性関節症などの痛みやその他の疾患の早期発見が期待できるプラスサイクルを必要に応じてご検討ください。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

プラスサイクル シニアの犬猫
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む