ペット可賃貸なのに猫がダメな物件があるの?猫を飼いたい人は猫可のペット可賃貸へのメインイメージ

SNSの普及とともに人気が高まり、いまや犬の飼育頭数と肩を並べるほどになった猫。じつは、猫と暮らせる賃貸のお部屋をインターネットなどで探している人に気を付けてもらいたいことがあります。そもそもペット可賃貸ならどの物件も猫と暮らせるのでしょうか?

大手不動産ポータルでは、ペット可賃貸でも猫が飼えるか分からない

犬や猫などのペットと住めるペット可賃貸。じつは、どの物件でも犬と猫が住めるわけではありません。ペット可賃貸には「ペットに関する条件」があり、どんなペットならその物件で飼育できるかがだいたい決められています。

大手不動産ポータルサイトなどでは、このペットに関する条件が「ペット相談」「ペット可」の記載しかないところがほとんど。備考欄に「小型犬1頭または猫」といった詳しい記載がある物件はごく少数となっています。これは、物件を仲介する不動産会社にお客様から一度お問い合わせをしてもらいたいため。お客様のペットがそのペット可賃貸で飼えなかったら、別の物件を案内するという方法なのです。

お客様としては、初めから自分のペットが飼える物件にお問い合わせしたいですよね?この余計な手間を省けるのがペットホームウェブです!ペットホームウェブでは「小型犬が飼える」「中型犬が飼える」「大型犬が飼える」「猫が飼える」「多頭飼育できる」でペット可賃貸をご案内しています。

猫と暮らせるお部屋・お家探しは以下からどうぞ!
猫が飼えるペット可賃貸
■猫が飼える新築・中古マンション(売買)
■猫が飼える新築・中古一戸建て(売買)

ペット可賃貸でも猫がNGな物件がある。猫可のペット可賃貸は全体の37%

2017年2月28日現在のペットホームウェブでは、ペット可賃貸の内訳は以下のようになっています。やはり、一番多いは小型犬が飼える物件で53%、続いて猫が飼える物件で37%になります。猫の飼育頭数が犬とほぼ並んだといわれますが、犬可ペット可賃貸が60%(小型犬53%+中型犬4%+大型犬3%※)だとすると、まだまだ猫が飼えるペット可賃貸は少ないですね。※「多頭飼育できる」は、犬に限る物件、猫に限る物件、双方OKの物件とバラつきがあるため除外。

ペット可賃貸 猫

※ペットの種別についての記載がない物件は含みません

このようにペット可賃貸といっても猫が飼えない物件があるため、もし一般不動産ポータルなどでお部屋を探すとしたら、注意はもちろんですが相当な労力が必要です。ペットホームウェブなら猫が飼えるペット可賃貸をダイレクトに探せます!ぜひ、ご利用くださいね。

ペット可賃貸 猫 猫飼いのみなさん、ペットホームウェブをよろしくニャン


adorable-1866475_1920
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む