救助犬「夢之丞」やペット連れ避難所で熊本地震の被災者支援をするピースウィンズ・ジャパンが緊急寄付を受付のメインイメージ

写真:ピースウィンズ・ジャパン

このたびの熊本地震により亡くなられた方々と被災された方々に、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。

みなさんは今回の熊本地震で、救助犬と捜索活動をしたり、ペット連れの方のための避難所を設営・運営している「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)というNPO団体をご存知ですか?今回この団体が熊本地震被災者への支援活動のために寄付金の受付を始めました。ペットと暮らすみなさんにマッチする寄付なのでは?と思ったので、ご案内させていただきます。

救助犬「夢之丞」を育成。広島の殺処分ゼロを実現したPWJ

このたびの熊本地震では、倒壊した家屋の下敷きになってしまったり土砂崩れに巻き込まれた方々を捜索するため、2頭の災害救助犬が現地に派遣されました。一昨年の広島市の土砂災害でも捜索にあたった、ピースウィンズ・ジャパンの夢之丞(ゆめのすけ)とハルクです。※上記の写真は救助に向かう夢之丞。

夢之丞といえば、殺処分寸前でピースワンコ・ジャパンに保護され、訓練を受けて救助犬になったワンコ。ピースワンコ・ジャパンは、ピースウィンズ・ジャパンのプロジェクトの一つで、広島県を拠点に犬の保護・育成・譲渡に関する活動を行っています。

そしてこの4月、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、広島県で殺処分対象となる犬をすべて引き取るプロジェクトを始めました。じつは広島県では、2011年に犬猫の殺処分数ワーストを記録していました。PWJはまず広島県でゼロを実現し、このモデルを全国に広げたいと考えているそうです。現在は犬のみですが、殺処分ゼロを維持しているのだとか。ぜひ、全国への広がってほしいプロジェクトですね。

【ピースワンコ事業】4月から広島の殺処分対象の犬を全頭引取りへ(PWJ)

熊本地震でのピースウィンズ・ジャパンの活動

今回の熊本地震では、余震で多くの家屋が倒壊した益城町と、本震で大きな被害を受けた阿蘇地区でピースウィンズ・ジャパンのレスキューチームと救助犬「夢之丞」と「ハルク」が捜索活動を行いました。

さらに、益城町にペット連れの方専用、女性専用のバルーンシェルターを設置し、避難所として運営しています。

救助犬

倒壊した家屋をレスキューチームと捜索するハルク。写真:ピースウィンズ・ジャパン

救助犬

ペット連れの方のためのバルーンシェルター。写真:ピースウインズ・ジャパン

救助犬

ペットの室内同伴が可能なテント。写真:ピースウィンズ・ジャパン

熊本地震緊急寄付の受付はこちらから

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は被災者支援活動のため緊急寄付の受付を開始しています。集まった寄付金は、熊本地震で被災された方への支援活動やレスキューチーム・災害救助犬の育成などに使われる、とのこと。殺処分ゼロ活動と、熊本のペットと暮らす方への支援になります。この支援活動に賛同され、寄付をご希望の方は以下からお願いします。

【熊本地震】緊急寄付の受付(PWJ)


救助犬
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

都内でキジトラの美猫と暮らすお一人様ライター。埼玉の実家には父親の愛犬がいるが、子犬の頃に「ワッ!」といって脅かしたため、帰るたびに不信の眼差しを向けられるのを気に病んでいる。

さんの記事をもっと読む