コロナ状況下の動物病院の対応と、アニコム損保のコロナ患者のペット預かりプロジェクトとは?のメインイメージ

日に日に深刻な状況になってきた新型コロナウイルスの感染者数。通勤や買い物でいつ感染してもおかしくない状況になってきました。

犬や猫の飼い主にとっては、「自分がコロナに感染したら、ペットをどうしよう?」という問題があります。

コロナ患者の犬猫の預かり。動物病院では「現状はできない」

まずは私たちが一番頼りにしている動物病院はどう対応しているのでしょうか?

当サイトスタッフ行きつけの動物病院(東京都獣医師会会員)には、緊急事態宣言少し前からこちらが貼ってあります。

コロナ患者 ペット 預かり

以上のように東京都の動物病院では各種のコロナ対策が行われています。そして緊急事態宣言後、当スタッフが通っている動物病院は完全予約制になりました。いつもの皮下輸液で来院すると、さらに変化していることがありました。それは、

  • 待合室のイスが減り、間隔をあけて配置
  • 待合室の本棚が撤去
  • 受付台にあったフードサンプルやパンフレットなどを撤去

このように「飼い主が触れられるものは撤去する」など、より徹底した対策になっていました。完全予約制なので、診療の前後で他の飼い主さんに会うこともありません。

そして、気になっていた「コロナ患者のペットの預かり」を先生に聞いてみました(会話の短縮に気を付けました…!)。やはり、感染リスク、感染拡大リスクから「現状はできない」とのこと。都内動物病院ではこのような対応となっているようです。

また先生は「ペットホテルやペットシッターもそうならざるを得ない。ほかの家族にお世話してもらうことになるでしょう」とも…。

ではペットがいる単身者はどうすればよいのでしょうか…?

コロナ患者の犬猫を無償で預かるプロジェクトとは?

この問題にアクションを起こしたのがペット保険のアニコム損保を子会社に持つアニコム ホールディングス株式会社です。4月10日、新型コロナ患者のペットを無償で預かる#StayAnicom プロジェクトを開始しました。すでにSNSなどで単身のペット飼育者などから「ありがたい!」と話題になっています。

アニコム #StayAnicom プロジェクトとは?

「困ったら、アニコムにステイしてほしい」という想いをもとに発足。新型コロナに感染してしまった飼い主が隔離や入院をする間、アニコムの保有する施設にてペットを無償で預かります。預かり中は、アニコムの獣医師を中心とした社員有志がお世話。アニコム加入者以外の「コロナに感染し、ペットを飼育できる状況にない」という飼い主ならどなたでも申込み可能。犬猫以外のペットも検討。超大型犬、健康状態によってはできない場合もあります。預かり中は、お散歩などもく行います。その他の詳細は後半のQ&Aを参照してください。

手順は、専用申込みフォームから行い、感染者と濃厚接触していない人がペット施設まで連れて行きます。

コロナ患者 ペット預かり

#StayAnicom 手順

コロナ患者 ペット 預かり

活用予定施設の一例(千葉県)。

最新情報はtwitterアニコム公式アカウントにて行われるため、以下をフォローしてください。

twitterアニコム公式▶ https://twitter.com/anicom_inc

申込みは以下から。また、アニコム損保によると、コロナ患者の飼い主の数や、地域、状況によって規模を拡大する方針とのこと。頼もしいですね!

#StayAnicom|ペットお預かり希望者用フォーム
https://service.anicom.co.jp/form/pub/anicompr/stayanicom

※本人または家族がコロナウイルスに感染している方のみ申込み可。
※本プロジェクトに関する電話での問合せは受付不可。上記URLから申込みを。

コロナ患者 ペット 預かり

持病のあるペット、病気のペットもOKです(Q&A参照)。

Q&Aはこちら⇓

Q:どうやって申し込めばいいですか?

フォームより、お申込みをお願いします。その後、アニコムからお電話でご連絡いたします。

Q:申込みの条件はありますか?

「コロナに感染し、ペットを飼育できる状況にない」という飼い主さまであれば、どなたでもお申込みいただけます。ただし、施設や人員には限りがございます。最大限努力いたしますが、状況によってはご希望に沿えない場合もございます。ほかの犬猫も同居する可能性があるため、予防措置ができていない場合には、ご相談のうえ、当社で対応させていただきます。

Q:ペット保険に加入していなくても大丈夫?

大丈夫です。どなたでもお申込みいただけます。

Q:だれが面倒を見てくれますか?

ペットが大好きなアニコムの社員有志(獣医師を含む)が、お世話いたします。

Q:どこで預かってくれますか?

まずは東京近郊の施設を予定していますが、お申込みをいただいた方の居住地域に応じて、随時検討いたします。

Q:犬と猫だけ?

検討いたします。超大型犬や健康状態など、場合によってはお預かりできない場合もございます。

Q:どうやって連れていけばいいですか? 準備することはありますか?

感染した方や濃厚接触者以外の方にペットをお連れいただきます。お連れいただく方や当社社員等に二次感染が生じないよう、お預かりの前に双方で最大限の対策を講じます。なお、対策は東京都獣医師会の指針(※)を踏まえ、実施いたします。具体的なお引き取り方法については、お預かりの前に詳細をご説明します。

※東京都獣医師会「新型コロナウイルスに感染した人が飼っているペットを預かるために知っておきたいこと

Q:持病があるけど大丈夫?

大丈夫です。日常的に内服しているお薬があれば、そちらもご持参ください。

Q:預かり中に飼い主の病状が悪化してしまった場合は?

事前に、飼い主さまのご家族の連絡先等をおうかがいします。状況が変化した場合には、ご家族とご相談させていただき、検討します。

Q:何頭まで預かることができる? どのくらいの期間預かってもらえる?

お申込み状況に応じて、できる限りご協力できるよう、受入れ体制を拡大してまいります。

Q:預かり中に、ペットの病状が変化したら?

飼い主さまとご相談しながら、できる限りの対応をいたします。急変した場合などは、必要に応じて動物病院への搬送を行う場合もございます。事前に交わさせていただく同意書の内容をもとに適切に対応いたします。

Q:預かり中の様子は教えてもらえる?

毎日、社員から飼い主さまにご連絡できるよう最大限努力します。愛するペットの様子を見て、少しでも飼い主さまが元気になればと考えています。

Q:預かり中は、散歩などにも連れていってもらえる?

社員が、誠意をもってお世話いたします。アニコムの社員は、みな動物が大好きです。だからアニコムで働いています。どうぞご安心ください。また、フードやトイレについても、できる限りおうちと同じ状況で過ごせるように配慮いたします。

SNSで拡散しよう!

アニコムでは #StayAnicomプロジェクトのSNSシェアを呼び掛けています。以下のSNSで情報発信しているので、「#stayanicom」をつけてみなさんも拡散にご協力ください!

コロナ患者 ペット 預かり

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

コロナ患者 ペット 預かり
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む