猫トイレの置き場とニオイに困らない猫専用賃貸。だから多頭飼いできます!【入居者募集中】のメインイメージ

猫専用賃貸マンションが品川区西大井に完成しました!入居者さんと猫の募集が始まっています。

猫賃貸専門家が手がけた猫専用マンション

品川区西大井に完成した猫専用賃貸マンションTIPETTO NISHI-OIⅠを内見してきました!最寄り駅は品川駅のお隣、JR湘南新宿ライン・JR横須賀線「西大井駅」。徒歩7分という駅近物件で、ご覧のとおりコンクリート打ちっぱなしのスタイリッシュなマンションです。

案内してくれたのはこの物件を手がけた猫賃貸コンサルタントの木津イチロウさん。木津さんは以前、保護した5匹の猫と住むための猫専用賃貸アパートGatos Apartmentをつくったことをきっかけに、猫賃貸コンサルタントに転身されたのだとか。以前はIT企業に勤めていたそうです。

猫 多頭 賃貸

こちらが木津さん

飼い主ファーストの工夫

早速、木津さんに2階モデルルームをご案内いただきました。まずは玄関から。このように、玄関ドアから猫の飛び出し防止ドアまでたっぷり距離がとってあります。左側にはシューズボックスとクローゼットが設置。

猫 多頭 賃貸

「猫の脱走防止ドアは保護猫や元ノラ猫と暮らす人には必須です。が、それ以外の猫は臆病なので、ほとんど外に出ていこうはしません。実際、内ドアを重要視していない飼い主さんも多くいらっしゃいます。それでも玄関ホールを大きく取り、内ドアで猫が入れないようにしたのは、”人間のエスケープゾーン”として活用してほしいからです。猫と暮らしていると、おでかけ前に服についた猫の毛をコロコロで取りますよね?ここなら猫に邪魔されずコロコロできますし、上着類やいたずらされたくないものも置けます」と、木津さん。

なるほど。猫の毛やいたずらからのエスケープゾーン。土間のような利用もできそうです。

猫トイレの問題解決で多頭飼いに対応

さて、内ドアを入ると左側にキッチン、右側に洗面所&お風呂、トイレがあります。スライド式で猫ドアが付いた扉を開けると、洗面台、洗濯機置き場、お風呂が。洗面台の下には猫トイレが置けます。

猫 多頭 賃貸

洗面所。洗面台下に猫トイレを置けます。

次にトイレのドアを開けた当スタッフは思わずテンションが上がってしまいました!猫トイレ2~3台が余裕で置けるスペースと、猫砂が十分ストックできそうな棚をご覧ください。猫ドアもついています(冒頭の写真をご参照ください)。

猫 多頭 賃貸

じつは当スタッフ、猫トイレを室内に置きたくないので、無理やり狭いトイレに置いています。でも、猫ドアがないのでつねにドアを開けておかなればいけないし、かなり窮屈。常日頃から、猫と住むには猫が出入りできる広いトイレがいいな…と思っていました。

「人間用トイレに猫トイレを置くスペースを設けると、①うんちが流せる、②換気扇で臭い対策ができる、③洗う・猫砂の補充が楽にできる、というメリットが生まれます。洗面所と合わせて3~4台の猫トイレが置けるので、3匹までの多頭飼育でも快適に暮らせます。私がつくる猫専用賃貸は、”飼い主さんファースト”という考え方。猫のお世話が気持ちよくできると、結果として猫が幸せになると思います」と木津さん。

確かにその通り!ところで、猫トイレをトイレ内に置くと、猫砂をトイレに流してしまう人がいるからNGという話もありますが…?

「”猫リテラシー”の高い人ならきちんとやるはずです。この物件にはそういう方にご入居いただきたいと思います(笑)」

“猫リテラシー”とはなんとも元IT企業の木津さんならではのキーワード。あえていうならば、猫の適切な飼育知識でしょうか。もちろん猫への理解と愛が前提です。

猫が3次元に動ける工夫

以上は主に飼い主さんのための工夫でしたが、猫のための工夫は居室にあります。

猫 多頭 賃貸

日当たりのいい居室。引き戸で仕切れます。

「窓枠からご案内します。このように十分な幅をとることで、猫が跳び乗ってここから外を眺めたり、日向ぼっこができるようにしました」

猫 多頭 賃貸

ちょっとした工夫で窓枠も猫が快適に過ごせる場所に

猫 賃貸 多頭

お邪魔した当日、サンルームのように陽が入っていた居室には、キャットステップと猫のためのロフトが設置。ステップは可動式になっています。

猫 多頭 賃貸

PB290183

「陽当たりがよく、外が見え、人の手が届かない場所に猫のロフトを設けました。ホットカーペット用のコンセントもついています。老猫や臆病な猫はあまり高い所へ上りませんが、猫が快適に過ごせる場所にしてあげると、自らキャットステップを積極的に上ってくれるようになりますよ」と木津さん。

猫 多頭 賃貸

他のお部屋のキャットステップと猫のロフト

また木津さんは、「猫によって運動能力には差があります。可動式のキャットステップで補えない部分は、ブックシェルフやカラーボックスを配置したり、キャットツリーを設置するなど、入居者さんがご自身の猫の特性に合わせた動線を用意してください」とのこと。

猫は高い所や暖かいところが好き。さらには人の手が届かない隠れ場所が大好きです。こんな猫のロフトがあれば、猫たちも満足してくれますね!

賃貸物件の常識を変えたい!

以上のようにTIPETTO NISHI-OIⅠは、トイレの広さを確保したことで、猫トイレの置き場とニオイ問題を見事クリアした猫専用賃貸になりました。当スタッフもこれまでいくつか猫賃貸やペット可賃貸をみてきましたが、トイレ内に猫や犬のトイレスペースを設けた物件はほとんどなく、もどかしく思っていました。それを木津さんに伝えると、

「一般的に賃貸物件というと、居室の広さを重要視しますよね?物件オーナーさんや不動産会社さんはそれが常識となっていて、その結果、水回りにしわ寄せがきます。でも、猫と暮らす場合は違います。だから私は、猫のトイレの問題が一番の優先事項なので少しでも水回りを広くしてくださいと、日々、物件オーナーさんや不動産会社さんと戦っています(笑)」

そんな木津さんの日々の戦い(⁉)が形をなったTIPETTO NISHI-OIⅠ。猫と快適に暮らしたい人は、ぜひご検討を。物件の詳細、内見のお申込みは以下からどうぞ。

TIPETTO NISHI-OIⅠ
ネコリパ不動産

  • アクセス:JR新宿湘南ライン、横須賀線の西大井駅より徒歩7分
  • 建物:RC造、地上4階地下1階建て
  • お部屋:全15室(1R22㎡~1LDK41㎡まで)7タイプ
  • お家賃:9.3~11.8万円まで

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

猫 多頭 賃貸
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部 中根
ペットホームウェブ編集部 中根 さん

友人宅で生まれたキジトラの♀猫を生後2か月で養子に迎えてから早17年。猫の飼育では、避妊手術の時期の遅れから乳腺腫瘍を発症させてしまったことを海より深く反省。犬の飼育では、実家の3代目の犬が子犬だった頃に「ワッ!」と驚かせて嫌われてしまったのを後悔している。趣味は映画鑑賞ときどきライブ。

さんの記事をもっと読む