トイレのにおい対策のメインイメージ

ペットを迎え入れた多くの方が、一度は苦労するのがトイレのしつけとその臭い。もし、トイレのしつけがままならず、家中ところ構わずといった状態では、臭い対策よりもトイレのしつけを優先すべきでしょう。けれども、たとえしつけができていたとしても、臭うものは臭います。ここで、トイレの臭いの原因とその対策について知っておきましょう。

本来のペットの排泄物の意味

犬猫をはじめとする雑食および肉食の動物の排泄物は、馬、ウサギ等の草食動物やリス、ハムスター等の小動物に比べ、強い臭いを持っています。その理由は、草食動物や小動物は、臭いの強い排泄物によって自らの命を狙われかねないからです。強い臭いは自己の存在のアピールであり、捕食者を呼び集め、食べられてしまう原因となってしまうのです。

一方で、犬猫など生物界で高い地位にある動物達は、自己の縄張りを主張するために排泄物の臭いを利用するため、強い臭いを持っているのです。それぞれの種よって排泄物の臭いには強弱があり、それぞれに理由があります。

排泄物の臭いの成分

そして、その強い臭いのもととなっているのが、糞便ではインドールスカトール硫化水素という物質です。尿に関しては、細菌によって産生されるアンモニアが独特の臭いの原因となっています。また、尿中に含まれるフェロモン物質なども不快な臭いに関与していると言われています。

しかし、糞便であれ尿であれ、その動物が食べている物や飲水量、性別、生活環境(不妊治療を受けているか、他の動物が周りにいるか等)によってその臭いは変わります。そして、臭いを増悪する原因として排泄物を分解する細菌があります。

このように、排泄物本来の臭いとそれを増悪する細菌によって、不快な臭いが発生しているのです。

 臭いの対策

このような原因からも、なにはともあれ、トイレの臭いを防止、減少させるためには、こまめな掃除が一番です。排泄物本来の臭いを充満させることなく、かつ細菌の繁殖も抑える事が出来ます。しかし、なかなか手間もかかりますし、また外出時などはすぐにという訳にはいきません。

そこで利用したいのが、さまざまな種類が販売されている消臭対策グッズ殺菌・除菌グッズです。排泄物本来の臭いを抑えてくれるとともに、細菌による臭いの悪化も防止できます。臭いの分散を抑えてくれるペットシーツや抗菌素材のペット用トイレ、ペットにかけても大丈夫な消臭スプレーなどさまざまなものが販売されています。種類や性別、生活スタイルなどで排泄物の臭いやその特徴も千差万別です。なかには、いくつかの製品を組み合わせオリジナルの臭い対策を実施しされている飼い主さんもいます。

飼い主さんとペットそれぞれの清潔な生活のため、最適な消臭アイテムを探してみてください。

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

nioi_toire-219x300
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む