犬と行くバスツアー「vipわんツアー」登場。首都圏出発、ワンコと冬を楽しむ2コースのメインイメージ

犬と行くバスツアーが人気です。今回は新しく始まるラインナップをご案内すると同時に、犬と行くバスツアー初参加となる飼い主さんが気になるポイントなどを含めてご紹介します。

犬と行くバスツアー「vipわんツアー」スタート

バスツアー専門のvipツアー(株式会社平成エンタープライズ)が犬と行くバスツアーvipわんツアーをスタートしました。

これまではバスツアー専門会社として、フルーツ狩りや季節のスポットなどを得意としてきた同社。vipわんツアーでも、バーベキューやフルーツ狩り、季節のお花見やアクティビティなど、通年を通して飽きないバラエティ豊かなスポットを考えているそうです。

犬と行くバスツアー

春はいちご狩り

また、交流会を組み込んだり、マイカーでのおでかけにはできない「お酒が飲める場」の用意など、バスツアーならでは、犬好きが集まるツアーならではの工夫をこらしていきたい、とのこと。

vipわんツアーは以下2コースでスタート。催行スケジュールは12月・1月が予定されています。

【練馬・渋谷出発】この時期にしか見られない貴重なダイヤモンド富士鑑賞&花の都公園散策と、店内OKで安心♪ジンギスカンバーベキューで交友広がる日帰りVIPわんツアー!

【上野・渋谷出発】話題の「ムーミンバレーパーク」と北欧ムードの「メッツァビレッジ」、関東三大イルミネーション認定の「さがみ湖イルミリオン」散策で撮影スポット満載の日帰りVIPわんツアー!

犬と行くバスツアー

夏はカヤックでアクティブに

犬をバスに乗せるときの安心&安全対策

vipわんツアーではどのように犬をバスに乗せるのかご案内します。

犬をバスに乗せるときは安全対策が必要です。vipわんツアーには、リードやハーネスにつないで使う犬用のシートベルトが用意されています。

犬と行くバスツアー

シートベルトをハーネスにつなげます。

平成エンタープライズ 旅行部の大山さんによると、「犬用シートベルトは、首輪よりハーネスにつないだほうが安全ですので(写真参照)、当日は愛犬にハーネスを装着していただけると幸いです。とはいえ、落下防止になりますが万全ではありません。心配な人は、いつもみなさんが愛犬を車に乗せているとき使っているクレート、ハードキャリー、ペットカートでご参加ください。また数に限りがございますが、ドライブボックスの貸し出しもいたします」

犬と行くバスツアー

貸出用ドライブボックス

vipわんツアーでは、犬をバス車内で歩かせたり、座席シートに乗せられます。座席には滑りにくく抜け毛が飛び散らない素材でできた専用シートカバーをかけ、犬と飼い主さんが快適に気兼ねなく過ごせるよう工夫しました。

犬と行くバスツアー

特別仕様のシートカバー

ツアーバスは催行人数によっていろいろ(以下は一例)。犬好きな添乗員さんが同乗します。

犬と行くバスツアー

犬と行くバスツアーに同伴できる犬は?

では、vipわんツアーに参加できる犬の条件を見てましょう。

  • 体高50cm以下、体重18kg未満の日常的に室内で生活している中型犬まで。
  • 1年以内に狂犬病ワクチン接種、混合ワクチン接種をしていること(子犬の場合は規定回数の混合ワクチンの接種)

犬は大人1名につき小型犬(~6.9kg)は2頭まで、中型犬(7kg~18kg)は1頭まで同伴できます。ただし、同伴する2頭目の各施設入場料は当日に支払うことになります(ツアー料金に含まれているのは1頭分のみ)。

PR

当日は施設入場のために、狂犬病ワクチン接種、混合ワクチン接種の最終接種日を確認できる証明書が必要です。ちなみにヒート中のワンコもツアーに参加できますが、ドッグランなど一部入場できない施設があるのでご注意ください。詳しくはvipわんツアーペット同伴規定をご確認ください。

気になる犬のトイレ事情と持っていくものは?

気になる犬のトイレ関係のことについて大山さんに聞いてみました。まずはトイレ休憩をとる場所から。

「通常のバスツアーでは15分休憩が多いところ、こちらのツアーは30分ほど時間を設け、愛犬と飼い主様がしっかりWC休憩を取れるように配慮しております。また時間の配分やタイミングにもよりますが、できるだけドッグランや草木エリアのあるSAやPAを選んでいます」

これなら安心ですね!ウンチ袋や使用済みペットシーツは基本的に持ち帰りなので、きちんとご準備を(専用ゴミ箱がある施設もあり)。ちなみにvipわんツアーで案内する「当日ご持参いただくもの」はこちら。

  • 愛犬の飲み水、皿
  • 1年以内の狂犬病予防接種証明書及び5種以上の混合ワクチン証明書
  • 常用しているブランケットなど
  • マナーグッズ(おむつ、ペットシーツ、臭いのもれないウンチ袋、水)
  • ウェットティッシュ、足拭きタオル

では、旅行中に犬が粗相したり吐いてしまったら?

「基本的に飼い主さんにお掃除していただきます。添乗員のお手伝いは状況に応じて。添乗員はトイレットペーパーやペットシーツ、スプレーなど、ある程度のマナーグッズを用意しますが、できるだけみなさまのマナーに期待したいところですね」

最後に、スタートにあたって大山さんからひと言。

「私が知る限り、ペットとおでかけするのが好きな方は、十分過ぎるほどマナーを徹底された方ばかりです。それは”ペットとおでかけしやすい環境を広げたい”という飼い主の方々の努力の積み重ねと考えております。だからこそ、ペットと一緒でも受け入れてもらえる施設が増え、今回のような企画が実現できるところまで社会の認識が変化してきたのではないでしょうか。ペットと一緒にでかけやすい環境づくりを広げるためにも、みなさまと何が必要かを共有し今後に繋げていきたいと考えております」

犬と行くバスツアーvipわんツアーの詳細と参加のお申込みはこちらからどうぞ!

Vipわんツアー 【24時間オンライン予約】
https://tour.vipliner.biz/dog/
予約センターTEL:048-487-7074
<営業時間>
月-金10:00-14:00/15:00-17:00
土日祝 休

【PR】ただいまペット見守りカメラの「ピースアイ」をご紹介中!
\ぜひチェックしてみてくださいね😸/

ペットの留守番カメラ「ピースアイ」のお求めはこちら

犬 バスツアー
この記事が気に入ったらいいね!
をお願いします♪

facebookのタイムラインに最新記事をお届けします

この記事を書いた人

ペットホームウェブ編集部
ペットホームウェブ編集部 さん

ペットホームウェブ編集部です!ペットについてのいろんなニュースや、ペット可物件についての最新情報を取材してお届けします。

https://www.pethomeweb.com/

さんの記事をもっと読む