性格

グレート・デーンはワイルドな外見から怖いイメージを持ってしまうかもしれませんが、大きな体格に優しい心を持った穏やかな犬種です。もともと従順で、飼い主に従う心を持ち合わせているため、意外に子供やお年寄りとも仲良く過ごす事ができます。はじめてあった人やペットにも見知る事無く触れ合う事が出来る、愛情深い犬種です。

日常の世話

この犬種は、強靭な肉体から室外での飼育が向いていると思われがちですが、実はそうではありません。繊細なグレート・デーンに室内飼育が向いています。恐ろしい散歩量が必要かと思いきや、普通の大型犬と同程度の1回1時間程度を日に2、3回してあげれば大丈夫です。短い被る毛はお手入れはほとんど必要ありませんが口の脇からよだれをたらし、それが臭いの元になる事もありますので、口の周りをこまめに拭いてあげましょう。

歴史・起源

グレート・デーンはイングリッシュ・マスティフとアイリッシュ・ウルフ・ハウンドをかけあわせて作りだされたと言われています。持ち前の狩猟本能を発揮して、野生のイノシシ猟で猟犬として、そしてその強靭な肉体から軍用犬としても活躍していました。そして巨大な体型と優美な外見から貴族に愛され、一種のステータスにまでなったほどです。19世紀後半にアメリカに持ち込まれ、一瞬にして人気犬種になりました。

気をつけたい病気