性格

警戒心が強いオーストラリアン・シェパードは、飼い主やその家族に対しては愛情深く、命令にも従順に従おうとしますが、見知らぬ人が近づいてくると警戒心から吠え立ててしまうこともあります。もともとの働き者の性質からか世話焼きで、子供や小さい動物をコントロールしようとする気質があります。その際は噛みついたりしないように注意しましょう。

日常の世話

この犬種は、膨大な仕事量をこなしていた使役犬なので、もちろん日々の散歩だけでなく最低週に1度は思い切り走り回れるスペースで運動をさせてあげましょう。運動時間が極端に少ないと、ストレスから性格に影響を及ぼす恐れがあります。アジリティやフリスビーなど飼い主と一緒に取り組むことができるスポーツに向いています。被毛のお手入れは、週に1回程度の定期的なブラッシングと月に1回のシャンプーで十分でしょう。

歴史・起源

オーストラリアの地名がついている犬種ですが、オーストラリアで繁殖した犬同士を掛け合わせて作られた犬種というだけで、出身がそうなわけではありません。もともとヨーロッパにいた牧羊民が、アメリカに移動した際に一緒に連れられた犬種と言われています。認知度がそれほど高くないこの犬種は、人気という面でも他の牧羊犬にやや劣っていますが、忍耐力や判断力ともに優れていて非常に優秀です。

気をつけたい病気