性格

とにかく活動的な犬種ですので、自由に動いていい場所と家の中などのそうでない場所をはっきり教えておく必要があります。あまりじっとさせるとストレスがたまってしまい、性格に問題が生じる可能性があります。見知らぬ人や犬に対しても常に社交性があります。性格はいたって穏やかで、家族思いです。家族と一緒にいる時間を何よりも大切にします。

日常の世話

イングリッシュ・セターは、常に走り回っていたい体力系の犬種です。ですので、お散歩は1日最低2回以上は行い、かつ1回1時間以上行うようにしましょう。週に1度は、ドッグランなどに連れて行き、のびのび走り回ることができる環境を準備してあげてください。被毛のお手入れは無駄毛の除去を定期的に行い、シャンプーに月に1回入れてあげる程度で良いでしょう。

歴史・起源

イングリッシュ・セターの起源は14世紀まで遡り、セッターのなかでももっとも古い歴史を持つ犬種といわれています。獲物を見つけてくる役目から、その監視まで幅広く活躍し、猟師の良きパートナーとしてなくてはならない存在でした。その名前の由来は、獲物を見つけたらその場にしゃがみこむ(これをセッティングという)姿勢から、セターとつけられました。

気をつけたい病気