性格

この犬種は、猟犬としての資質が強いため、やや粗暴に感じるところがあるかもしれませんが、それもまたこの犬種の魅力です。社交性があまりない場合が多いため、知らない人や犬に対してはそっけない態度をとることがあります。ただ、飼い主には愛情表現をちゃんとしてくれるので、愛好家が多い犬種です。もともと運動量が豊富に必要な犬種ですので、運動不足から攻撃的になってしまうこともあります。

日常の世話

ペットとしての飼育であれば神経質になる必要はありませんが、硬い被毛が全身を覆っているため、2か月に1度のプラッキングが必要です。ブラッシングは毎日行い、1か月に1度はトリミングに行くと良いでしょう。もともと狩りなどで動くことが大好きな犬種ですので、散歩は毎日行ってあげてください。自宅の中でもおもちゃを隠して見つけるような遊びを飼い主主導でおこなってあげても良いでしょう。

歴史・起源

ダンディ・ディンモント・テリアは浅瀬のカワウソやアナグマなどを狩るために使われていた使役犬です。あまり知られてない犬種です。一時期は、さまざまな呼び名で親しまれていましたが、 イギリスの作家であるサー・ウォルター・スコットの書いた小説「ガイ・マナリング(1814年)」のなかにその犬たちをモデルにした「ダンディ・ディンモンド」という人物と犬たちが登場したことから登場人物にちなんでダンディ・ディンモント・テリアという名前に統一されることになりました。

気をつけたい病気