性格

好奇心旺盛で活発に動くアーフェン・ピンシャーは家族には愛情深く、我慢強い性格で多少のことは許容してくれる犬種です。反面いたずら好きで飼い主と一緒にゲーム感覚で遊ぶことも大好きです。しかし見知らぬ人や犬に対しては警戒心が強く、時には吠え立ててしまうこともあります。その特徴を生かして小型ですが番犬としても頼れる存在です。いずれにしてもすぐに飼い主が制止できるようにしつけておく必要があります。

日常の世話

小型の家庭犬のアーフェン・ピンシャーは、運動量はさほど必要ない犬種です。日々の散歩は気分転換も兼ねて20~30分ほど行ってあげましょう。好奇心旺盛で動くものを追いかけることが大好きです。特にボール遊びなどを好みます。警戒心が強いため、小さいころからさまざまな人や犬に触れさせて社会性を身につけさせてください。さほど抜け毛は多くないですが、ブラッシングはできるだけ毎日行ってあげましょう。

歴史・起源

サルの表情に似ていることから「アーフェン(サル)」の名称で呼ばれるようになりました。15世紀頃からネズミ捕りの名手として活躍しました。主に貴族の間で人気が高まり、パグ、ジャーマン・ピンシャー、ブリュッセル・グリフォンを掛け合わせ更なる改良が加えられました。

気をつけたい病気